案山子さんとお留守番

陽だまりの中で ひなたぼっこしているようなほっとした時間を届けます…

どんな時のきみでも …


もしも ぼくらが 初めて会った時に

泣いているきみの瞳を見たとしても

笑っているきみの瞳を見たとしても

ぼくは おんなじ気持ちを持ったと思う


郷ひろみさん ♫ 僕がどんなに君を好きか、君は知らない ♫ を聞きながら


どんなきみを好きになったと言えば

ぼくの言葉を信じてくれるのだろう

あの時 どんな姿のきみを見たとしても

ぼくは やっぱり 心惹かれたのだろう

どんな声で どんな言葉を贈れば 

ぼくの言葉は キミに届くのだろう


不器用なぼくだけど
だったひとつだけど
自慢できることもある


どんな姿のきみを見たとしても

今のありのままのきみを見ても

心奥深くにあるきみが持つ きみだけの命の輝き

強く感じることができて 心惹かれ 好きになれる


どんなきみにだって いつだって 好きになれるってこと



スポンサーサイト
[ 2017/07/24 22:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたを応援し続けます…
このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けます。書かない日があったり まとめて書いたり 自由気ままに書いています  残り384通

最新記事
カテゴリ
カウンター