落語 … 案山子さんとお留守番

落語 …


「昭和元禄落語心中」というマンガを読み終わりました

ぼくは寄席に時々行きます。
それは 落語が大好きだからなのですが 
演じられるストーリーが好きというよりも
落語に関わるすべての世界が好きなんです。

長い長い歴史のなかで いろいろな人が関わり 
そこにはさまざまな人生模様があって
うまく言えないのですが そういったものが
落語にどんどん付着して今に伝えられている

それを今生きる人が 受け取りに行ける
それが寄席って感じ。
なんとなく 言いたいことが伝わるでしょうか。

茶道や武道も同じです。

日本人の文化は 本当に素晴らしい。
ほんとに 大好きです。
落語…また行きたいな。

って きみを誘ってるんですよ(笑)





スポンサーサイト
2017-05-02(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたを応援し続けます…
これは自分の足跡を残すためのものではなく あなたと共に生きるためのもの。
あなたとは あなたのこと。  あなたが好きな曲を聞きながら読んでください。
そして このブログのジャンルは ロックンロール(笑)ありったけの心の奥底にあるものを千通の手紙に託して そして 届けます。書かない日があったり まとめて書いたり 自由気ままに書いています  残り439通

最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR