落語 …


「昭和元禄落語心中」というマンガを読み終わりました

ぼくは寄席に時々行きます。
それは 落語が大好きだからなのですが 
演じられるストーリーが好きというよりも
落語に関わるすべての世界が好きなんです。

長い長い歴史のなかで いろいろな人が関わり 
そこにはさまざまな人生模様があって
うまく言えないのですが そういったものが
落語にどんどん付着して今に伝えられている

それを今生きる人が 受け取りに行ける
それが寄席って感じ。
なんとなく 言いたいことが伝わるでしょうか。

茶道や武道も同じです。

日本人の文化は 本当に素晴らしい。
ほんとに 大好きです。
落語…また行きたいな。

って きみを誘ってるんですよ(笑)





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR