赤い糸 …


見えないほどに細い糸

嵐のような風にも切れず

右手の指から離れることもなく

ぼくらは 運命の糸だと信じた


手繰り寄せて 

手繰り寄せ続けて 

それなのに

会えないのは何故?


どんなに風に吹かれようと

ちぎれることもない

ぼくら また 会えるねって

ずっと 思っていた


手繰り寄せても会えないのは

この糸が 細すぎたせい

きっと 時間がかかっているだけ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたを応援し続けます…
このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けます。
達成したらこのブログは終了ってことになるかぁ。一通一通心を込めて書かなくては!
残り268通

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR