FC2ブログ

少年時代の想い …


帰り道 制服を着た学生が コンビニの前でたむろしていて

なんとなく 自分の少年の頃を思い出していました。


このまま消えてなくなりたい 数えきれないほど考えた

どれだけ 歯をくいしばれば ちっぽけな夢が実現するのだろうか

どれだけ 涙をくい止めれば 生きるという意味がわかるのだろうか


尾崎豊さん  ♫  high school rock'n'roll  ♫  を聞きながら


うそだらけの世の中で 真実を探し続けてみたかった


少年だった頃 灰色の教室で 

ぼんやりと 雲を追いかていた

真新しい教科書の69ページ目が 

風に揺れた そして 閉じられた


先生の声が とぎれとぎれになって

「先生! 先生の声が聞こえません」

ぼくのアンテナが壊れてしまったのか 


家に帰って親の言葉を聞き流し

深夜ラジオに夢中になった

目をこすりながら 朝起きて 

顔を洗っても いつもの世界だった


叫びたかった 声をだしたかった

屋上で 教室で どこでもいいから








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

あまり考えこまずにお願いします。ぼくは いつもぼんやりしています
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR