FC2ブログ

月の下で…

「詩を書きたくないのか
自分の想いを書きこまなくていいのか」

そんな声が聞こえます
今日は 何かにとりつかれたような気分です(笑)


「月光」という他人がつけた名に惑わされずに

ベートーベンさん

♫  ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2  ♫ を聞きながら


これは 月の歌ではない しかし…


月が見える 

月が感じられる

今この瞬間に

月が見えるのは

この世界で ぼくだけだ


月を見る力が宿る

月を感じるのは

この世界で ぼくだけだ


浮かぶ言葉を書きこむ


頭に浮かんだ言葉ではない


魂に浮かびあがる言葉


繰り返す命の鼓動に

耳を傾けろ

言葉を探し出せ


指先にまで

髪の毛先まで

神経が敏感になり 

真実の想いを探している

忘れていた何かを

絞りだすように思い出す


震える指が求める

あなたの魂に触れる

ぼくの胸の中にあるものに

ナイフで 言葉を 刻みはじめる

痛みとともに 血が流れだす

絞りだした血の中に

言葉が浮かぶ

そこに書かれた 言葉にこそ

不滅の恋の詩があるのかもしれない


月の光の下で

ぼくは想い続ける


月を見る力が宿る

月を感じるのは

この世界で ぼくだけだ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

消えるなんてことは ありえないんですよ。
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR