FC2ブログ

もう一度 You Raise me Up …

昨日は寒かったですが、良いお天気でした。
でも、ぼくは大失敗してしまったことがありました。自分のところだけ大雨が降ってずぶ濡れになってしまった感じでした。
そんな時 傘をさしてくれた人がいました。とてつもない優しさだった。
雨には濡れなくなったけれど 嬉し涙では濡れた。
ぼくも いつか あんな優しさを持つことができるのだろうか


もう一度 聞きたいです。 あの歌を

寂しかった少年だった頃のことを語ろう

何も見えないところにいた

何も聞こえないところにいた

じっと暗い押入れに隠れていた

誰もぼくがここにいるなんて知らない

親に 先生に 怒られたわけでもない

学校で嫌なことがあったわけでもない

やるせない時間が ぼくを追いかけ回していた

この世界から 少しの間だけ離れていたかった

もう少しだけ

もう少しだけ ここにいたかった

いつのまにか 眠ってしまった

目が覚めて 襖をあけようとしたら

開かない

開かないことが 怖かった

誰もぼくがここにいるなんて知らない

少年時代の思い出の中 

こんな時間が ぼくには ありました


今は どうなんだろう 

たいして変わらない

まるで 今も 

押入れに閉じこもったような人生を送っていた

人と笑ったりするけれど ほんとは寂しかった

ぼくのことを気づいてくれる人なんているのだろうか

顔も 体も 何も見えないような この暗闇の中で

誰か ぼくに気づく人は いるのだろうか

ぼくが ぼくであるために…


襖があいた

光が差し込んで眩しくて

思わず両腕で目を隠した


手をおろした時 目の前には

光の中で最初に目にしたのは

笑っている君だった…




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

案山子さんは喜んでいましたよv-354

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR