FC2ブログ

あこがれのきみ …


恋愛について書かれた本を読んでも

友情について書かれた本を読んでも

きみの姿は どこにも でてこなかった



それなのに とても 愛しい

それなのに 苦しいほど心配だ


きみを守りたいと思っていたのに

それなのに

いつのまにか ぼくが 支えられている

いつのまにか 微笑むことができている


恋愛について書かれた本を読んでも

友情について書かれた本を読んでも

きみのような人は 書かれていなかった


憧れのきみは 憧れのままでもいいのに

それなのに

ぼくには きみが 必要だ 

きみがいるから 言葉が浮かび

生きている証となっている 

だから まるで

きみに命を与えてもらっているかのようだ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます!

さやチャンの

「ねぇ、ネッシー」を

聞いてください、

愛しいものはなにか、
探したくなりますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「ぼくにはあなたが必要だ
 どうしても 必要だ」

夏目漱石の「それから」という作品が映画化されたとき
作中 松田勇作さん演じる主人公が
藤谷美和子さん演じるヒロインに向かって言うシーンが
CMでたびたび流れていて
とても印象的で とても好きな台詞でした

クリボーさんのこの詩を読んで思い出しました



ダリルジョン 様

聞きました!ほんとだ。すでに気持ちは探しにでかけています(笑)

ありがとう!

こちらこそ どうぞよろしくお願いします。これからもよろしくです!

ほしくず 様

その映画はみてなかったな。本は…読んだかもだけど…もういっかい読んでみる!
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR