FC2ブログ

悔しくて、悔しくて…

昨日も遅くなったので、早く寝ようと思っていたら、娘が話かけてきました…

「悔しくて、悔しくて、話を聞いてよ」

娘の学校では、定期的に論文みたいな課題提出があるらしい。

娘は毎日授業に出席して真面目にノートをまとめている。

娘にはAさんという友だちがいて、Aさんは授業は出席したり欠席したりの人。

Aさんは、提出日の前に娘のノートを「貸して」と言ってくるのだそうです。

Aさん頭が良いので、娘よりも良いものを作って提出しているらしい。

娘が別の科目で逆にAさんに「ノートを見せて?」と言ったら断られた。

昨日の娘
「要領よく生きているAさんに納得できない。悔しい。世の中は要領よく生きている人間のほうが得なんでしょ。」

いくつか娘に質問しました…

①嫌な思いをしているのなら、ノートを見せてと言われても断ればいいのでは?
 (娘の返答)
「それはできない」とのこと
理由は、Aさんと同じ種類の人にはなりたくないから

②そんなAさんはみんなから好かれていないのだから、損をしているのでは?
 (娘の返答)
そういう意味ではAさんは損をしていると思うけど、結果として数字上(点数)はAさんのほうが自分よりも上になるのは明白。
それが納得できない。

つまり、アリとキリギリスのお話のような感じだけど
現実の世の中は、キリギリスのほうがと得していることが悔しい…これが、娘の不満なのだ。
以前、このブログでも書いた部活の話と少し似ている話だと思いました。
不器用な娘はきっと今後も同じような問題に直面して、悩み悔しがるのかもしれない…

今回のぼくの返答は

①Aさんがまとめたものを見せてもらえばいいのではないかな。それは言えるだろうし、Aさんも断れないのではないか。
もし、Aさんが断ってきたら、娘もノートを見せなくてよくなるよね。

②Aさんはある意味カンニングしている話だと思うけれど
例えば娘が50点だったとしたら、カンニングした人は同じ点数かちょっと上の点数しかとれないはず。
娘がいうように極端な差がでるはずがない。
もし、娘が50点でAさんが90点とれているならば、Aさんは要領がよいとかではなくてすごく勉強している人なのかもしれない。娘 のノートを借りるのは、勉強の上乗せにすぎない。そう考えるとAさんはすごい人になるから、悔しさはなくなるね。
同じような点数ならば、人として評価を落としているAさんは娘よりも総合的にかなり損してる話になるのではないか。

しかし、ぼくも不器用な人間なので娘の気持ちはよくわかります。
生きるって大変です…




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!

なかなか難しい問題ですね〜。
でも、クリボーさんの②の返答は「なるほど!」と思いました。
私が子どもなら、納得です。

Re: No title

どうもありがとうございます。なんとなく生きているだけでも問題だらけになってしまいます
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR