FC2ブログ

果報者と阿呆者 …


まんが日本昔話で「果報者と阿呆者」というお話があります。
(ユウチュウブで検索すると見ることができますよ)
これを見てから 頭に残ってしまって、考えこんでいます(笑)



もう ほぼ独り言ですから… 

この話はこんな感じ

貧しいながらも働き者の夫婦がいます
だんなさんは お嫁さんを幸せにさせてあげたいと思っていました
ある日 そんな家にお坊さんが来て言います「果報は寝て待て」
それを聞いただんなさんは ほんとに仕事をせずに果報を待ちます
なんと3年も!
ちなみに お嫁さんは 怒っていないんですよ
ある日 家の天窓から見える月に ウサギが餅をついている姿が見えるようになります
そのうわさを聞いた人たちが たくさん来てお礼品を置いていくようになりました
そして 大金持ちになり 天窓がたくさんついた大きな家を建てます
でも その家からはウサギが見えなくなり 人が来なくなり また貧乏になります
そんな時 お坊さんがまた来て 言います
「果報を寝て待てとは 欲をださずにまじめに仕事を続けることじゃ」
それから だんなさんは 前のようにまじめに仕事をするようになりました
めでたし めでたし

こんな話なのです
欲をだした人が改心するお話 もしくは まじめにこつこつと働くことの大切さを教えるお話
それでいいのですが…

一度成功した人が 失敗した時 あんなふうに明るく仕事をするようになれるのか?
これは逆境を克服するお話なのでは?と考えてしまって(笑)
どうやって あんなふうに 跳ね返すことができるのかを考え始めてしまったのです
なんとも面倒なことで…(笑)

そもそも だんなさんが 仕事をしなくなったのは さぼるというよりも
お嫁さんを幸せにするために 無理して仕事をしなくなったのではないか
だから それを知っているお嫁さんは 怒らなかったのかな
だからこそ 月にウサギさんが見えるようになったのでは…
そうすると あんなにも早く立ち直れた理由の中に
ぼくらが生きていくなかで なにか大きなヒントが隠されているような気がして…
なんだろう…
わかっているような感じなんですが はっきりしなくて。。。

自分勝手に考えすぎで…これこそ 阿呆者ですね(笑)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR