FC2ブログ

「大草原の小さな家」と「ちりとてちん」…

マンガも好きですがドラマも大好きです。
ドラマはこれだけ生きていますとお気に入りのドラマはたくさんありすぎです
ただ、人生に絶対影響を与えただろうと思われるドラマならあげることができます

ひとつは、「大草原の小さな家」

バイブルと言っても良いドラマでした。ほぼかしこまって正座して見ていたくらいです。
多感な少年時代、このドラマがぼくにとって全てでした。
今でも心に響いて残っています。ネットで探して音楽をきいただけで、胸がしめつけれます。
インガルス一家は今でもぼくの隣人です。

もうひとつは、「ちりとてちん」

脚本家の藤本有紀さんは天才です。すごすぎでした。
塗り箸と落語を通して人生にとって何が大切なのかを教えてくれるドラマでした。
豊かな人生とはなにか…
このドラマの綿密に計算されたストーリー展開は本当に見事でした。
このドラマを見ていた人ならわかると思いますが
はじめのほうで主人公が「私はお母さんみたいになりたくない」と言うシーンがありました。
この場面がずっとひっかりがりながらも、その後の展開が笑いあり涙ありで楽しくみていました。
主人公は、自分がスポットライトを浴びる主役の人生を望みます。おかあさんみたいに家族のためにだけに生きる脇役の人生を送りたくないと考えていました。
そして、物語のクライマックスで主人公は言います。
「お母さん、お母さんみたいになりたくないなんて言ってごめんなさい。わかったんです。おかあさんの生き方がどれほど豊かな人生だったのかわかったんです。私はお母さんみたいになりたい」
このシーンは感動で涙ボロボロでした。
藤本さんはこれを言いたかったのか…ホントにすごい
豊かな人生とは何かについて教えてもらいました。
ぼくはたぶんこのドラマを見て、人を認めることができるようになったような気がします。

ちなみに、このドラマを見てから落語が好きになりましたし、箸の専門店があると必ず覗くようになりました。

ほんとにお礼を言いたいドラマでした。

さらにちなみにですが、大河ドラマ「平清盛」の脚本も藤本さんが担当していました。視聴率が悪くて批判されていたようですが…平清盛さんが大好きなぼくが見ていて、とても良いドラマだった思いましたので視聴率が悪かったのは藤本さんの脚本には問題はなかったと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

今回のあげられたドラマは仕事の都合でどれも見ていません。しかし、視聴率が低いと言われていても、自分は面白いと思う番組って結構あるんですよね。視聴率のモニターが我が家にあれば、また違った動きになっていたかも。ドラマは面白いですよね。それに比べて最近のバラエティが面白くありません。企画ではなく、言葉が届かなくなってきているように思うからです。正座してみたくなる番組が本当に少なくなりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

同感です。やっぱり同じ世代だからなのかな

私も大好きです♪

「大草原の小さな家」


心にジンと響く回も多く、
見終えると、あったかい気持ちにさせられました。

テーマソングもいいですよね~♪
以前、ガラケーの着メロにしていたほど好きです♪^^

あの時代、毎日の生活は大変だったでしょうが、
家族で明るく助け合う姿は、本当に心に沁みますね。

Re: 私も大好きです♪

見ていてくれましたか。見てくれていた人は家族のようなものですね…って思ってしまいます。
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR