FC2ブログ

空と君のあいだに …


ここにいるよ そこにいるよ



雨が降っても 雨が降るだけで

眠れなくなるほどに こわくなる

そんなことを きみは ぼくに語る

名前の知らない作家さんの詩集

ページをめくる指先が震えていた

気がつかない振りをしたぼくは

きみの影の背に隠れようとしていた


雪が降っても 雪が降るだけで

眠れなくなるほどに 不安になる

そんなことを きみは ぼくに語る

昔 読んだことがあるような小説

それはハッピーエンドだったろうか

思いだせないことを隠したぼくを

きみは だまって見つめていたね


雨が降るような空と きみの間に

ぼくは いるよ

雪が降るような空と ぼくの間に

きみは いるよ

スポンサーサイト



JOLENE  …


「チコちゃんに叱られる」という番組で こんなことを言っていました

『大人になるとあっという間に一年が過ぎてしまうのは ときめきがなくなっているから。』

なるほど。たしかに そうかも。

中学一年生の時 レコード屋さんに行った時のことを思いだしました

買いたいレコードがあったのですが ドキドキして一時間くらい店内をウロウロしていました
こんなの買っていいのかな 中学生なのにいいのかなって 迷いに迷っていて…
だって 女子に免疫のない純粋な男の子でしたから
こんな大人の女性のジャケットのアルバムは まずいでしょって感じで(笑)

それでも 勇気をだして買ったのがこのレコード。



家に帰って レコードに針を落とすとき 心臓バクバクでした
家の人にばれないように ボリュームを小さく小さくして スピーカーに耳をつけて聞いていたっけ(笑)

繋がる願い …


ぼくも「石たちの声が聞こえる」という作品を購入したいと思います



父の願い 母の祈り

それは 千年続く想い

手渡されて 手渡して

世界の端から端まで

同じ声が聞こえるように


あなたの願いが 届く

それは 千年続く想い

手渡されて 手渡して

世界のひとつが変わる

拾った石が世界を変える

一人にはさせない …


ずいぶん冷えてきた

寒くない…?



そのままでいいよ

きっと なんとかだ

こんな感じだけど

自分でも驚きだけど

思ったよりも 強いんだ

びっくりした?(笑)

風のオルガン …


小学生の頃 プロレスラーになりたとい言っていた少年がいた

中学生の頃 音楽家になって 世界を旅してみたいと思ってた

高校生になって 何になりたいかなんて わからなくなった少年

大学生になったら もうなんだか どうでもいいやって過ごしてた

そんな少年も大きくなって 今では 「おじさん」なんて呼ばれてる(泣)

でもね 今でも なんだけど…

恥ずかしいから こっそり言うよ

もっと 耳を近づけてよ

こんな感じに なりたいんだ(笑)

プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR