FC2ブログ

Independence Day …


退屈な時間には さようならだ



昨日までのぼくは 行く当てもなく

ただ雨降る街をさまようだけだった

水たまりなんか飛び越えるだけだと

強がっても ぼくの靴は 水の中だ


まるで生き方を忘れたかのように苦しい

昨日は どうやって生きていたのだろうか


口うるさいルールに縛られるのは  もう ごめんだ

意味があっても なくても 退屈な時間なら いらない


明日こそ 独立記念日にしよう

退屈な時間よ ほんとうに さようならだ

スポンサーサイト



砂の迷路 …


ぼくも なにか楽しいことがおきないかなって口癖のように言っていました

そうなんだよね ぼくが求めてるのは こんなんじゃなくて …



テレビをつけても 新聞を読んでも

外に出かけても 家にいても

ちがう ちがう そういうことでもなくて

そういうのを見たいわけでもなく 

こんなこと聞きたいわけでもなく

もっと もっと …

そのあとの言葉が続かないけれど

だけど どっかに言いたいことがつまってる 

ぼくも不安で緊張しています …


ぼくも ずっとずっと 不安な気持ちでいっぱいです

大好きなこの歌を聞きながら 思い切ってお話をします
少し長いです(笑)



小学校一年生の時 人に知られたくないことがありました

小さい頃のぼくは ら行が しゃべれなかったのです。

信じられないかもしれませんが ほんとうです

舌足らずだからかもしれませんが うまく言えなかったのです

今でも覚えています

あいうえお かきくけこ … を生徒一人一人に言わせる授業がありました

ら行の順番がきました 

ぼくは絶対にあたりませんようにと願っていました

でも 先生は ぼくを指名しました

やっぱりうまく言えずに みんなに笑われてしまいました

それ以来 人に笑われるのが とても怖くなりました

ぼくは色盲です 昔は学校で 色盲の検査がありました

みんなは問題なくすんなりと検査を終えます

でも ぼくにはみんなが簡単に答えられることが わかりませんでした

これも 今でもはっきりと覚えています

ぼくが「わかりません」と答えると先生は「えっ⁉」って感じで信じられない表情をしました

クラスの子たちみんなが振り返って ぼくをみました

その目が怖かったです

だから 今でも人の目が気になります

人前に立つと緊張して手が震えます

でも 今のぼくは それを よし としています

昔の話ですが 学校卒業後 建築営業の仕事に就きました

ビル建築の営業をやっていました

建築工事を始めるまえに地鎮祭というものを行います

営業マンである我々がその司会をします

とても大規模な地鎮祭が多かったです

ある時 自分の上司に 
「この地鎮祭は自分がやるけれど 次からはおまえにやってもらうから しっかりみとけ」と言われました

でも その地鎮祭は 参加者が 数人しかいない小さいものでした

正直 拍子抜けしていて みんなも緊張感がまったくない感じでした

ところが 恩師である大ベテランの先輩が 司会を始めたら 

なんと緊張して声が震えているではないですか

とってもいい地鎮祭だったと神主さんもおっしゃっていました

土地のオーナーさんが 「ありがとうございました」と何回もぼくの上司に頭を下げる姿に感動しました

震えるって 素晴らしいことなんだなって気付きました

緊張することはよくないことだ思いこんでいました

それが とっても大事なものだから 震えるほどに緊張する

これいらい ぼくは 手が震えても こわくなくなりました

逃げる …


本日 逃走中です(笑)

どろぼう …


突然ですが 明日 おもいきって 銀行強盗してくるかもです

ぼくが働く高齢者施設のおやつの時間の出来事

ある男性の方が 隣の方のお饅頭を食べてしまいました

クリボー「あっ おなか空いてたの?」

男性A「ああ」

男性B「かえせ かえせ」

クリボー「お饅頭食べちゃうのは 男としてどうよ」

男性A「なんだよ」

クリボー「盗むのならもっとでっかくやりません?」

男性B「かえせ かえせ」

クリボー「ぼくのチョコあげるね」

男性A「銀行から金盗んでいいんだな」

クリボー「そんなぶっそうな」

男性A「おまえが言ったんだろ。明日 盗んでこい!」

クリボー「え~⁉ おれが行くの?まじですか」

というわけでなんです(笑)

それでは 明日決行するときは みんな協力たのむぜ

プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR