2016年11月 案山子さんとお留守番

ここにいます …


大切なお姉さんで  憧れの人で 

恋させてもらっている愛するきみへ

もしかして かわいい妹だったかも(笑)


かぐや姫   ♫  妹  ♫  を聞きながら


忙しくて やることがたくさんあって

いっぱい考えることもたくさんあって

疲れてしまうよね 負担が重いよね

あのね 

ぼくは 役に立たない人間だけれど

それでも きみを想う人がここにいること

忘れずにいてほしいと思います


追伸

ぼくの想いは きみ一人だけに届けばいい

拍手ふたつ  やっぱり誰かが来てくれていたんだね

ぼくは せっかく来てくれていた人を 切ってしまう悪い奴です
思いやりのない人間で 自己嫌悪にもなります。
だから ともだちができないんだよね(笑)

それでも ぼくは きみのことだけを考えていたい

そんな人間が一人 ここにいます(笑)



スポンサーサイト
2016-11-30(Wed)
 

雪が降る …


お試しの雪は 降ったけれど

これからが ほんとの雪が降る季節

冷たくなった手をこすりながら 

ぼくは どうやってこの冬を越すのか


かぐや姫  ♫  雪が降る日に  ♫  を聞きながら


この歌のリズムに合わせて 書いてみました(笑)


雪が降る この街の片隅に

雪が落ちる この手の上に

雪が溶ける この胸の中で


汚れた雪は きみのところに降りはしない

目覚めたら そこには ただ真っ白な世界

足跡を追いかければ 重なる足跡の意味を知る


雪が降り続け 窓がくもる

雪が落ちて 遊びはじめる

雪が溶けて 明日が始まる



明日を夢見た月の上には

必ず 雪が降ったものです 

月に降る雪を覚えていますか





2016-11-29(Tue)
 

いばしょ …


日々の日常に追われて あっという間に年の瀬

残りわずかな時間を無駄にしたくなくて

でも 時間はどんどん過ぎ去ってしまう

この世界に ぼくは 何ひとつ残せないのかもしれない

だけど できれば ここに生まれたことを喜びたい。

なにを望めば なにを手にいれれば 

ぼくの心は 満たされるのでしょう


人を愛する世界の中で 静かに 生きていたい


Carpenters   ♫   I Need To Be In Love   ♫ を聞きながら


きみに語りかける言葉 この想いが

きみの身体の中に 心の中にあって

きみの身体の中から

温めてあげられたいいのに だから

もっと もっと 奥深く 入り込みたい 






2016-11-28(Mon)
 

ともだち …


千の詩もなんといつのまにか 四分の一達成です!

案山子さん ぼくら すごいよな~

「… … …」

えっ?ぼくに手紙を書いてくれたの?
うそ 泣けるじゃんか


The Beatles  ♫   Nowhere Man  ♫  を聞きながら


ぼくのともだち
作詞 案山子さん

どこにでも いそうな あいつ

へいぼんな かおつきで 

だれの いんしょうにも のこらない

それなのに ぼくらは ともだちになった

かわりものだけど あいつと きがあった

これからも ずっと ともだち 

だから あいつのこと おうえんしたくなる


あいつがおもうひと 

あいつがすきになるのもむりはない

だって ほんとにきれいだもんね 

やさしくて あたたかくて あたまもいいときてる

あいつが むちゅになるのもよくわかる

あんなひと たしかに ほかにはいない

あんなに うつしいひと みたことない


あいつと ぼくは ともだち

だから あいつがおもう かのじょは 

ぼくにだって たいせつなひと

あんなひと たしかに ほかにはいない

だから

かのじょのことも おうえんしたくなる




2016-11-27(Sun)
 

月のように …


おっちょこちょいのお姉さん(笑)

前世では 姉と弟だったのかもしれませんね

でも きっと その時も 

生まれ変わった今でも

憧れの女性であることにかわりはありません

だって

きみは 月のように美しいから

そして

ぼくのこの想いは 変わりません


変わらないで良かった

生まれ変わっても

きみを愛することができて

ぼくは 幸せです

きみと出逢えて よかった





2016-11-27(Sun)
 

Raining Version …


このブログは ぼくの想い そのもの

思い浮かんだ言葉をそのまま 脚色せず書いています

このブログは ぼくの心 ありのまま

ぼくが想いを寄せる人しか届かない言葉が並んでいます


そしてそれは ぼくの生き方のように不器用な言葉だと思います

いまさらかっこつけても イケメンではないことは知られているし(笑)


ぼくはここに ほぼ毎日のように書いています
ぼくの想いは あたりまえのものになっていて
毎日心を寄せている想いは 日常の風景です

疲れているきみへ

今日は この曲を届けます。きっと やすらぎますよ


♫  April Snow piano Song - Raining Version  ♫ を聞いてみてください


きょうも いつものように目覚めて 

そして 自分の想いに気づきます

やっぱり愛している

ぼくは 今日の朝も

きみに寄り添って抱きしめています








2016-11-26(Sat)
 

Like a Wind …


う~ん 寒い!
あれっ 案山子さんてずいぶん薄着なんだね

「… … …」

でも もう少しこの部屋温めない?
彼女がここに来た時 寒いじゃん

「… … …」

だって今日は早く休んでほしいから
来ないほうがいいんだ
早く休まないと カゼひいちゃうかもでしょ

「… … …」

でもさ、いつ来てもいいようにしてあげたいでしょ


あのね 優しい言葉をかけているわけではないんだよ


寒ければ お部屋を温めて お茶でも飲もうか
身体が芯から冷えているのなら お酒を飲もうか
それって寒いから あたりまえのことをしているだけ

普通に 愛しているから ただそれだけのこと

びっくりするかもですが
あたりまえに 愛しているって言えるようになったんだ
姉と弟の話をしてから 肩の荷が降りたっていうか

無理して 力をいれて かっこつけて 
型にはまった恋愛にしなくてもいい
いつのまにか そんなふうに思うようになれて

もし きみが寒くて震えているなら 
温めてあげたいから 抱きしめてあげるたくなる
それって 自然でしょ 自然にとっさに身体が動くはずだよね


S.E.N.S   ♫  〜 Like a Wind 〜  ♫ を聞きながら


だから

震えるきみを想像したら

春風のように 温めてあげたくなります




2016-11-25(Fri)
 

風にかえて …


おはよう

昨日の初雪は あっというまに道から消えていました

今日は 普通に歩けそうです。

昨日 ちっちゃな雪だるま ふたつ 作ったんだよ(笑)


ここからは たくさんの星に囲まれた神様にお便りします


神様へ

ぼくがどんな一日であってもいいから

あのひとが 心穏やかですごせますようにお願いします。

どんなに空気が冷たくても 暖かい風を感じていただけるように

ぼくの想いを暖かい風にかえて あの人に届けてくださりませんか 





2016-11-25(Fri)
 

愛の形 …


元気がでないときは 
心身ともに疲れている証拠です
そんな時は 身体を休めましょう
パソコンは お休みにして 早く寝ましょう


リラックスするためにも こんな音楽はどうでしょうか?


リチャード・クレイダーマン さん
♫  愛のコンチェルト  ♫  を聞きながら


無理して 話かけてこなくても大丈夫
もう 心はいつも寄り添っていますから。
あのね それはね
愛しているからなんだよ(笑) 

愛と言っても もろい恋愛のような愛ではなくて

自分を大事に大切にいたわるような気持ち

恋愛中の「愛している」とは 少し違っていて

誰だって なんだかんだ言っても自分が大事なはずで

それは 言い換えれば 自分を愛しているってことだよね

きみを愛しているっていうのは 自分を愛するのと同じような愛です

なんとなく きみならわかってくれるような気がします


元気がでないきみを 心からいたわりたいです


愛しいきみへ

どうか 身体を休ませてください

いやなことは ぜんぶ ください

いま話をしなくても大丈夫です

無理しなくていいのです。

気をつかう必要はもうないのです

ただ想うのは

家族のように せめて心だけでも一緒にいたい

こんな形の愛だって ありでしょ(笑)


この気持ち一言で言うなら 結局

愛しているってことです





2016-11-24(Thu)
 

雪が降ったなら …


え~ 明日 本当に雪が降るのかなぁ 
案山子さん どう思う?

「… … …」

え? あぁ うん 言ったよ。
でも 冗談みたいな言葉になっちゃった …

「… … …」

うん。そうかもしれない。
彼女はそれが冗談ではないってわかってると思う
それを冗談のままにしてくれているのかもしれないね


April Snow OSTより  ♫  Love  ♫  を聞きながら


明日 初雪が降る時 ぼくらは 

この街の どこにいるのだろう

それでも

きみが雪に濡れる前に傘を渡せるのだろうか


明日 本当に 初雪が降るなら 

ぼくらの心にも雪が積もるのだろう

そしたら

雪かきして 軽くしてあげることができるかな



初雪が この街に降ったなら 会えますか(笑)




2016-11-23(Wed)
 

誓い …


いつもと変わらない時間に起きて いつものように洗濯して

電車に乗ってバスに乗って 職場に着いたら 皆が騒いでいました

大きな地震のことをテレビは伝えていて 早く逃げろって言っていました

きみは 大丈夫なのか 

そんな地震に気が付かないなんて ぼんやりしすぎで 落ち込みました


平原綾香 さん  ♫   誓い   ♫  を聞きながら


道があっても なくても 

風が走るように 流れ星よりも速く


上り坂でも 下り坂でも

駿馬が駆け抜けるように

流れ星のように 

速く まっすぐに

きみの声を聞きもらさず

向かうべきところは ひとつ





2016-11-22(Tue)
 

不思議な愛 …


もしかして ぼくが 頼りになる兄貴で きみの面倒をみて

あるいは きみがおっちょこちょいの姉で 賢い弟に面倒をかけて

って どっちも これじゃ きみは怒るよね(笑)


♫  A Moment To Remember  ♫ を聞きながら


ぼくらの前世のこと まだ 思いだせないの?


前から言っているでしょ 思いだしてよ、 も~(笑)


時には 姉と弟の愛で 時には 親友で 恋人で

だから一緒にいて 当たり前 だったでしょ

当たり前だったんだよ 前からずっと…

だって はじめっから ぼくは 愛していたから


愛しているなんて言葉は

安っぽくて うそっぽくて 照れくさくて

ふつう 日本人には 言えないよね

でも なぜだか 

ぼくは きみには 言えます 

だから 不思議なんです …


 

2016-11-21(Mon)
 

愛が生まれる …


ぼくは弱い人間で 神社には一人では行けません

せめて その時がきたら 

よかったら 心だけでも寄り添っていていただけませんか


イ・スンチョル さん  ♫ あんな人もういないでしょう ♫ を聞きながら


きみは からまった糸をほどいてくれる

きみは 切れている糸をつなげてくれる


そんなきみに ぼくは 出逢いました

どれほど きみに感謝していることか


この想いは 親に対する感謝と似ています


人が 人との 関わりの中で

静かに生まれてくる愛だと思います


愛は 恋からはじまるもの

ずっと そう思っていました


人が持つ愛 家族が持つ愛 そんな愛

それが きみへのはじめの想いだった

今は その愛に 恋が含まれています


愛から 恋が生まれて 新しい愛が生まれる


こんなことを気づかせてくれる人は 

後にも先にも きみしかいないのでしょうね






2016-11-21(Mon)
 

最高の出逢い …


今日の出会いは ありがたかったです
中国出身の映画監督 台湾出身の医師などなど
皆さん 素晴らしくて 心のある本当にいい人達だった

(招待してくれた方は平石さんと言いますけど)
平石さんが言っていました
「ぼくには なにもないけれど 人には恵まれている」
う~ん 平石さんらしくて 素敵な言葉でした
あのね たぶんなのですが (みんな初対面なんですから)
きみが 今日あそこにいてもおかしくなかった
なんか きみって今日のあの集まりの雰囲気がぴったりなんです。

ちなみに 招待されたメインの吹奏楽団の演奏会は 寝てしまいました(笑)


怒髪天   ♫  歩きつづけるかぎり  ♫ を聞きながら


なによりも きみとの出逢いが最高!


心から言いたい

きみと出逢えてよかった

どうもありがとう

きみと出逢って 
自分で止めていた時計が動き出したような
そんな気がします

ほんとうにありがとう

きみは ぼくにとって 恵みの人です
友の写真も神社に奉納しようと思います
もし 時間があったら 付き合っていただけませんか

きみのおかげなんです

きみを美化しているつもりはありません

大阪にいく時バタバタするきみが目に浮かんでいるんだから。
あ~可笑し(笑)

でもね そんなこともあんなことも 全部含めて 大好きです(笑)



 
2016-11-20(Sun)
 

流れのうえに …


静かな海にいるきみ 嵐の海にいるきみ

どこいても きみは きみのままで 美しい

きみが幸せでいられるなら どこにいてもかまわない

そんふうに かっこよく ぼくは きみに言うべきなんだって思う

でも ぼくは優等生ではない
しょせん 留年組の人間です

だから きみの心へ続く水の流れ その上に置いておきます

いつか 届きますように…


Yiruma さん  ♫   River Flows in You  ♫ のように


ぼくは 今 きみに会いたい

今 すぐに 会いに行きたい

きみだけを見ていたい

今 きみのそばにいたい

君の声だけを聞いていたい

ずっとずっと前から そう思っていたような気がするから






2016-11-19(Sat)
 

扉を開ければ …


きみは恋に留年していますか?

ちゃんと 卒業できそうですか?

ひとつの恋に留年してしまう

それはそれで 素敵な物語だよね

だけど ぼくはきみをもうひとつの世界に連れていきたい

それは 静かな海でも 嵐の海でもない もうひとつの海


静かな海は 静かなままで  嵐の海は 嵐のままで


ぼくがきみに見せたい海って こんな感じ(笑)

満天の星が広がり 波の音が 歌に聞こえてきて
イルカさんやクジラさんがぼくらの舟を運んでくれて
素顔のままのきみを空が包み込むような そんな海の上で…

でも それは 夢でも空想の世界でもない 
だって ぼくは そこにいて 時は たしかに動いている


Billy Joel さん    ♫  Just The Way You Are   ♫  を聞きながら


靄がかかる海の上を漂う

遠くに 鯨の潮吹きが見える

詩を詠み 時を重ね 月と語り合う


すべてを抱えた素顔のきみを

この海に連れ出してあげたい


きみだけを想う唯一の世界がここにある

そして この扉を開けられるのは きみだけ…











 
2016-11-19(Sat)
 

留年 …


こらっ そこの髪の長い彼女! 静粛に ‼

とある大学の恋愛学部 恋愛学科の授業の風景なのですが…

教授
「それでは 案山子さん、恋とはいかなるものか。発表したまえ」

案山子
「… … …… … 」「… … … … ………」「… … … …」

教授 
「なるほど 素晴らしい!」

クリボー
「え~?ずるいよ。何言っているのか わからないじゃん」

教授 
「だまりなさい!では 君の意見を言ってみたまえ」

クリボー
「いいですか。恋ってのはですね。生物学的なアプローチと脳科学の方向性から切り込まなくてはいけないもので…

教授 
「ストップ ストップ! もういい。まったく話にならん。君は留年決定!」

クリボー
「はっ(*_*)」

教授 
「それとそこで ケラケラ笑ってる髪の長いきみ!きみも留年だから」(笑)





2016-11-17(Thu)
 

深呼吸して …


家に帰ってきても 心休まらず

むしろ ざわついてしまうこの空間は嫌いです

姿を見ないようにして パソコンを見つめ

声が少しでも聞こえないように

音量をあげて この歌を聞いています
 

あいみょん さん  ♫  生きていたんだよな  ♫  を聞きながら 


ここにいたら 呼吸ができなくなる

苦しくなって 身体が緊張して  

空間が からみついて

身動きできなくなって

ここで 溺れてしまうのが怖い 

両目を力いっぱい閉じて 耐えるだけ

助けて 助けてって 叫びたくなる


こんなことは聞かせてはいけないはずなんだけど ごめんね 


とにかく 大きく 大きく 息を吸って 吐いて  もう寝ようかな(笑)




2016-11-16(Wed)
 

セレナード …


あぁ あんまりいいことなんてないなぁ

神様 こんなものなのでしょうかって歩きながら

道端に転がった小石を蹴りながら つぶやいた

ふと見上げる空に浮かぶ月に きみの姿をみる


イリーナ・メジューエワ さん   ♫  セレナード  ♫  を聞きながら


うつくしい … 

時を忘れてしまうほどに

きみの姿が 夜空に浮かぶ

見上げて 見つめる先には

月の光と影 きみの姿が映る


あぁ ほんとに綺麗 …

ため息がでてしまうほどに

シューベルトさんのセレナード

まるで きみの心の詩のように

きみの声が 聞こえるかのように





2016-11-15(Tue)
 

良いことがありますように …


うん やっぱり きみは一番です

だからこそ … 


C&K   ♫  ぼくのとなりにいてくれませんか?  ♫ を聞きながら


そんなきみだからこそ ぼくは考える

いつも となりにいて 守ってあげたい
 

大きな大きな 世界の中で ぼくは 小さな世界に住む

たとえ 小さな ちっぽけな想い と言われたとしても

きみに憧れ 共感して 尊敬して だから大切にしたいこの想い 

どれだけきみに届くのか わからないけれど 贈り続けていたい


大きな世界の片隅だったとしても ここでぼくは きみの幸せを願います



2016-11-15(Tue)
 

月の愚痴 …


えっ?誰かに幸せにしてもらおうって考えて当然でしょ

きみと出逢えば 誰だってきみを幸せにしたくなります

ぼくらが幸せにするよ あたりまえじゃん ね 案山子さん

「… … …」

あっ そうか。言い間違い。ぼくが きみを幸せにしたい

「… … …」

うん。そうだよね。ちゃんと言うよ


あのね これを読む世界でたった一人よ


ほんとにきみは 世界で一番 素敵な人なんだよ

ほんとに素晴らしいんだ あの輝く月よりも美しい

きみの笑顔も きみの涙も きみの全部が 美しい

だから

この世界できみだけを想い 浮かぶ言葉を贈り続けたい 


桑田圭佑さん  ♫  明日晴れるかな  ♫ を聞きながら


月が ずいぶんと悔しがっていた 

ほら 月の愚痴が聞こえてきたでしょ


「世界中に 一番の姿を見せたかったのに」

耳をすませば 月のつぶやきが 聞こえてくる


だけど ぼくらは知っているよね

昨日の月も とっても魅力的だったって…

今日の姿が見えなくても わかってるさ


 

2016-11-14(Mon)
 

歩み続けるきみへ …


今日も一日 頑張りすぎていませんか

少しは 息抜きしましょ


GReeeeN  ♫  歩み  ♫ を聞きながら


えっ もうひと泳ぎしてくるの?



水の中に飛び込めば やるしかない

息が苦しくても 前へ前へと泳ぎだす
 

そんなきみに ぼくは憧れてしまう

きみは 大切な時間の中で生きて 

時間を無駄にせず 努力している

歯をくいしばって頑張るきみに

心打たれ 見とれてしまいます 


誰だって うまくいかない時もある

だけど

きみみたいに 人のせいにもせず

歩み続ける人は 少ないよね

苦しくても 苦しくても

それだって 前に進んでいる

そんなきみを見続けていたい

ずっと ずっと 見つめてしまいます


追伸

誤解だよ!
水着しか見ていないわけではないって(笑)




2016-11-13(Sun)
 

月は そこに …


今日の月は きみのために

きみだけを 照らしています

きみだけに 語りかけています


鬼束ちひろ さん  ♫  月光  ♫  を聞きながら


こんな夜は 月の上を 歩けばいい


やるせないこの世界に

閉じ込められてしまうなら

月の光を浴びればいい


もしも この星とわかりあえない時があるのなら

きみの居場所は もうひとつあることを知ればいい

月がきみに呼びかけている きみに語りかけている


月の光に誘われ 天高く舞い上がれ


月と青い星を行き来できるのは きみだけ

きみだけが あの月に行くことができる


ぼくは それを伝えるため ここにいる


壁に囲まれるこの世界に

居場所を見失ってしまうなら

月の光を 浴びればいい


月は いつでも きみの上にある






2016-11-12(Sat)
 

シュークリーム あるよ …


早く帰ってこないかなあ

「… … …」

うん この家もずいぶん静かになったよね

「… … …」

いや ぼくは このほうがいいんだ
だって彼女に 一瞬でもいいから
安らぐ場所を作ってあげていたいから


ねっ 案山子さん
ぼくらはさ 彼女が気がむいた時に
立ち寄ってくれれば それでいいよね


あっ お帰りなさい!
今日も慌ただしい一日でしたか
お茶を飲む時間あります?

案山子さん 座布団だしてあげて…


Kevin Kern さん   ♫ The Silence of Knowing  ♫ を聞きながら


静かな時間を きみに …


ここでなら 雨の音が聞こえるでしょ

ここでなら きみの心も そこにある座布団に座れるよ

ねっ お花の香りがするでしょ  

ねっ この部屋 温かいでしょ

眠くなったら ほんの少しでも眠っていいよ

それが一瞬でも きっと休まるから

目覚めたら シュークリームも食べていいよ



2016-11-11(Fri)
 

おはよ …


夜 眠りにつく前に想うこと

きみの体温を感じたい

目が覚めて最初に想うこと

きみの声が 聞きたい


MISIA さん  ♫  逢いたくていま ♫ を聞きながら


お会いしてから それは いつもの日課になっています


朝目覚めると きみのことを考えてしまいます

声が聞きたくて おはようって言いたくなります

そんな気持ちで胸が張り裂けそうになってしまいます

そんな気持ちに押しつぶされそうになって

助けてって叫びそうになってしまいます

実際に会ったきみは 想像以上に素敵な方でした

語る言葉の中に 仕草の中に

美しくさと賢さ 優しさと思いやりを感じました

ほんとに素晴らしかった

容姿も 綺麗で 美しかった。

ほんとは もう少し普通のレベルだと助かりましたが(笑)


よかったら 毎日 おはようって言わせていただけませんか






2016-11-11(Fri)
 

閉ざされた扉の中で …


しゃべり方も その声も 仕草も 考え方も 

聞いてくれる姿勢も きみの全部が好きです


Celine Dion さん  ♫  My Heart Will Go On  ♫ を聞きながら


夢のようなドラマチックな出逢いでもなく

あたりまえのように きみを見つめていた


時がたてば いつしか人の心は変わってしまう

どんなに激しい恋でさへ いつしか消えていく


でも ちがう 違うんです …


今から 恋愛をはじめようとしているわけでもなく

振り向かせようと口説こうとしているわけでもない

ずっとずっと昔に それは始まっていたことだから


ずっと続いていたもの 

ずっと大切にしていたもの

だから これから先も

この閉ざされた扉の中で 

きみへの想いを叫び続けていたい




2016-11-10(Thu)
 

たなごころ …


もう一度会った時 お互いの手のひらを開いて

きみとぼくの たなごころ  重ねあいましょうか


GReeeeN  ♫   キセキ  ♫ を聞きながら


これは 神様の奇跡ではなくて
長い道のりの二人の軌跡だと
きみの澄んだ瞳を見て感じました


きみが そこにいる

それだけなのに

ぼくは幸せになれる


きみと 語りあえる

それだけなのに

世界が喜びに溢れる


きみのことで 悩んだり傷ついたり困ったりしたとしても

それは ぼくの小さな幸せのひとつ 

これから先 どんなことがあったとしても 手の平を重ね

きみの心をこの手で抱きしめていたい




2016-11-09(Wed)
 

帰り道の雨 …


傘を持っていなかったことに後悔することもなく

ただ なにも考えず 今日はそんな日なんだと

帰り道 夜の小雨に濡れながら帰ってきました


中村幸代さん  ♫  what I live for  ♫ を聞きながら


雨は 誰のために降るのでしょうか

こんな夜に雨が降るのは

傘を持っていない人のためになりますか


月は 誰にも見えるのでしょうか

月の光が照らす世界は

見上げることのない人のためになりますか


語りつくせない言葉の中に

閉じ込められてしまうならば

それは もう死んでいますか 

それとも まだ生きていますか


今夜の雨は 誰のために降りますか



2016-11-08(Tue)
 

ポーカー …


今日は寒いですね 温かくしていますか 

カゼひいていませんか 今日は もう寝ましょうよ

それとも まだ 起きていますか

それじゃ 部屋を暖かくして トランプでもしましょうか


中村由利子 さん  ♫  All In Theme  ♫ を聞きながら


手持ちのカードは 5枚
クローバーの 3 と 6 と クイーン。ハートのキングとクイーン
きみならどれを交換しますか
ぼくは 3枚 交換。 それで 全額かけます(笑)


昨日までの時間は 交換できないけれど

昨日までの経験が 今日の選択を導いてくれる

本当に欲しいものを きっと引き寄せてみせます






2016-11-07(Mon)
 

おうし座流星群 …


こんばんは~ 回覧版でーす

11月6日夜、おうし座流星群が見れるらしいです

今日は 実家に行ってまいりました。
母がぼくの子供の頃のものを整理していました
いろいろなものを残してくれていて
5歳くらいの写真 笑っちゃいます 
20歳の頃の写真 えっ これ おれ⁉ わかーい!

見たい?別にみたくないよね(笑)

写真をみて 昔のことを思いだしたけれど
それは少しだけ。
思いだせないけど きっと もっといろんなことがあったんだよね

結局 今のことが 人生の中で 一番知っているわけで
命が終わるとき 「いい人生だった」って言いたいなら
「今日は いい一日だったなぁ」って
言い続けなくては!って思いました


浜田真理子さん   ♫  街の灯り~Mr.Lonely  ♫  を聞きながら


街の灯りが星のように見えます
その灯りの中で暮らす人たちも
ぼくも きみも みんなもおんなじで
「今日は いい一日でした」って
そんなふうに言えるように願いましょう


流れ星は 一人でみたくない

だれかに そばにいてほしい

誰にいてほしいのだろう

誰のそばにいたいのだろう


だから いま きみを感じていたい

だから いま きみに寄り添っていたい


流れ星を見つけて ずっときみを想っていたい

そんな感じの一日 それが ぼくの一日でした

でも だからこそ 今日は 良い一日だったなぁ




2016-11-06(Sun)
 

月の影を …

ただいま帰ってきました

さぼっていたわけでは ありません
いったい何時間働いてきたのでしょ

またまた寝ずにこの二日間で四日分働いてきました。
さすがに フラフラです。

こんな状態で浮かぶ言葉はどんなものでしょう
思考力まったくゼロですが、この曲を聞きながら 
浮かんだ言葉を修正もせずそのまま書いていきます

書き終わったら 寝ます(笑)


明日になれば 変われます

恋人のように 親友のように

家族のように 他人のように

夫婦のように 師弟のように

きみが求める必要な「ひと」に


中村幸代さん ♫  明日になれば  ♫ を聞きながら


明日帰ってくるきみ

おかえりなさいって

出迎えてもいいですか


お土産話はまたあとで

荷物持つよ 「貸して」

早く会いたかったから 


きみの手に触れてわかる

日記のように伝わってくる


あぁ そんなに…


今日でも 明日でも いつでもいいけれど

そろそろ 抱えてきた重い荷物は降ろそうか


月の影を見ながら ぜんぶ受け取りましょうか 




2016-11-05(Sat)
 

おむすびのように …


炊き立てのご飯が美味しかった。

お米だけでなく 人が丹精込めて作ったのは

いっぱいの いっぱいの幸せを ぼくらに運んでくれます。

親子の愛情も同じですね。

離れていても その大きさと深さは いつまでも変わりません

久しぶりに会って どうでしたか

幸せいっぱいを「おむずび」にして食べ合う一日

そんな感じを想像しています(笑)


GReeeeN  ♫  beautiful days  ♫ を聞きながら


ぼくらは お互いの心で「おむすび」を作るような そんな関係でいたい

憧れて 求めてきた恋愛とは 少し違うと言われるのかもしれないけど…


(追伸)

顧問詩人契約に同意していただき ありがとうございます

近々署名捺印をお願いします。割り印も もちろん必要です(笑)

専属顧問の仕事のメインはあなたにお手紙を書き続けることです





2016-11-03(Thu)
 

顧問詩人 …


まったく思い通りにいかないことが多いです

でも それは あなたのせいではありませんよ

一人でそんなにできっこありません

困った時は どうぞ ぼくを使ってください

文句や愚痴もいっぱいいただきましょう

ほっとする時間をご提供させていただきます

もしよかったら ぼくをあなたの顧問詩人にさせてくださいませんか(笑)


松任谷由実 さん   ♫  守ってあげたい  ♫ を聞きながら


もしも ぼくが顧問になれたなら

あなたにほんわかした時間をご提供いたしましょう


もしも ぼくが顧問になれたなら

あなたの思いを共有して いつも守ってあげましょう


(追伸)

限定1名様に限り 無料で無期限の顧問とさせていただきます(笑)






2016-11-03(Thu)
 

ぼくらの唄 …


ぼくの容姿はありきたりなので 街に数人は似ている人がいます(笑)

ただ 中身は変り者なので 同じような種類の人は見かけません。(苦笑)

だから 自分で自分のことが 面白くて 不思議に思い 興味があります。

自分以外に え~面白いぞって思わせるあなたのような人は初めてです。


それにしても けっこう共通点があることにも驚きます

その共通点があるから 理解しやすいのかもしれません

とはいえ ぼくにはないものも たくさん持っていらしゃる

だから 尊敬し 憧れて どんどん魅了されていくのでしょう


忙しく あわただしく過ごしている あなたへ


手嶌葵さん  ♫  テルーの唄  ♫ を聞いて静かに眠れるといいのに


この想いは いったいなんでしょう

例えることもできない不思議な想い


太陽が昇れば 朝になる

太陽が沈めば 夜になる

花びら開けば 花になる

花びら落ちても 花は花


時が流れても こころは 動かずに

ひとりぼっちにさせたくないこの想い

ひとりぼっちになりたくないこの願い


いつから ぼくら ここに座っていたのかな

夕焼け空を見ながら 心が重なって温かい

上手に例えられない ぼくらの出逢いがここにある







2016-11-02(Wed)
 

会いにいきます …


「いま会いにいきます」より  ♫  時を超えて ♫ を聞いています

人は ただ生きているだけでも 
それゃあ けっこう大変なもんです

さまざまな人の生き方があって 
それぞれの考え方があって
求めるものもいろいろだから 
傷つけたり 傷つけられたりします

そんな複雑な人の社会の中で
時には迷い 時には振り返り
少しずつ前に進んでいきます
 
そんな難しい世界で
ぼくがキミにしてあげられることは
いったい なんだろう

重たい想いでもなく だからといって 軽くもない

きみを困らせるつもりもなく 負担になることでもない

朝になって おはよう  夜になって おやすみなさい

ただ まずは それだけ ただ 自然にありのままに

きみのこころをぼくのこの両手で温めてあげたい

抱えているもの全部を大丈夫にしてあげたいから


オレンジレンジ   ♫   花   ♫ を聞きながら


昼は太陽の下で 夜は月とともに語り合う

晴れた日は陽の光を浴びて

雨が降る日は 雨に濡れて

どこにいたって きみの笑顔が目に浮かぶ

綺麗で澄んだキミの目を忘れられないでいる


どんな花が好き?

幸せいっぱいになるほどに 花を贈りたいから


いま 会いにいきたい 

せめて想いだけでも

今すぐに

飛ばせてみせましょう






2016-11-01(Tue)
 

ポゴシプタ …


朝 起きたら この想いで胸がいっぱいになっていました


キム ボムスさん  ♫ 보고 싶다 ♫ を聞きながら


この歌詞の内容はともかく(笑) 

この歌の題名が 今の気持ちです


「보고 싶다」


とりあえず ぼくは出かけてまいります


キミは まだ眠れるよ 

いい夢みて 

そして良い目覚めを…






2016-11-01(Tue)
 
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたを応援し続けます…
これは自分の足跡を残すためのものではなく あなたと共に生きるためのもの。
あなたとは あなたのこと。  あなたが好きな曲を聞きながら読んでください。
そして このブログのジャンルは ロックンロール(笑)ありったけの心の奥底にあるものを千通の手紙に託して そして 届けます。書かない日があったり まとめて書いたり 自由気ままに書いています  残り496通

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR