FC2ブログ

健さん …


不器用じゃけん
うまく言えんが
あんたのこと
好きかもしれん

どうよ このセリフ かっこよくない?(笑) だめ?

高倉健さんみたいに かっこよくなれたらいいのになぁ

ソフトクリーム舐めながら 考えてました‥だめだ こりゃ 一生無理(笑)


ドーン  ♫ 幸せの黄色いリボン ♫ を聞きながら


ねぇ 案山子さん
あの人 この時間の この踏切を
横切る電車に乗るって 知ってた?
ぼくは 知っているんだぜ
歯医者に行くんだぜ きっとね


踏切のそばにある大きな木にのぼって

手を振ってみせるよ オーイ!

気づいてくれたら 黄色のハンカチを

見えるように振ってくれないか


ねぇ 案山子さん
このアイデアどうだろね
名付けて
「健さんみたいに しぶくかっこよく 黄色のハンカチを待つ男」

「… … …」

だよね (泣)





スポンサーサイト



ひまわり …


どんなに分厚い本でも まかせろ! どんとこい!

君の目を意識して 精一杯 かっこつけてみた

あれもこれも 持ってきてみな

でも ごめん 持ちきれませんでした どうしよ(泣)

どんまい どんまい  

ひまわりだって 下を向く時だってある


斎藤和義さん  ♫  ひまわりの夢  ♫ を聞きながら


おなかが空いたのかい どこかに食べに行くかい

給料日前じゃんか! 財布の中はレシートだらけ

てなわけで 言ってみる

コンビニのお弁当って 美味しいんだってさ

どんまい どんまい 

ひまわりだって 西を向く時だってある


あの世から この世に出稼ぎにきた 

生まれ変わりのぼくだけど 働いて疲れて

こりゃ 人間って大変だ

地獄でいいから もう帰れませんか ダメ?

どんまい どんまい

ひまわりだって 花を閉じたい時もあるさ


陽だまりの中で ひまわりに 見守られて

本に囲まれて 眠って ぼくは 夢を見る

ひまわりが咲いた ひまわりと同じ夢を見た






雨音 …


今日は朝からあいにくの雨でしたね
傘をさして歩きながら考えていました。
傘から聞こえる雨音って‥


傘を広げれば

雨音がぼくだけに聞こえる

それは まるで拍手喝采のよう

もう 舞台の主役になった気分


傘をグルグル回して

お客様にお辞儀する


得意になって 口笛吹いて

歌うのは もちろんこの曲だね


「明日に向かって撃て」より  ♫ 雨に濡れても ♫ を口ずさみながら


雨が降ってもへっちゃら

雨に濡れても気にしない

憂鬱になんか ならない

降り続ける雨が傘をたたく音

それは 空からの今日一日のご褒美

君だけに聞こえる大歓声 拍手喝采


こんな雨の日は 君が主役

傘をグルグル回して

お客様にお辞儀してみたら?(笑)



青春の幻影 …


イニョプの道 というドラマは もちろん見ています。
なんとなく かかさず 見てしまいます。


今日は 福山雅治さん の  ♫  青春の影   ♫  を聞きながら


この道は あなたの心まで 続いていますか


この世界は どこまで広がっているのだろう 
この世界は どこまで行くことができるのだろう
そして この道は あなたが立つその場所まで
つながる一本道だと信じて 歩き続けていたい


ある日の仕事からの帰り道 

重くなった足を持ちあげて歩いた

電車に乗りこみ ドアに寄りかかれば

窓ガラスに映る一人の姿に目がとまる

いるはずもないあなたの幻に心が奪われる

ぼんやりとあなたの影を見つめてしまう


突然止まった駅で あなたが降りた気がした

速足の影を追いかけたけど 見失ってしまう


この道をまっすぐ歩けば 

あなたに会えるのでしょうか


どうして幻のような影に

恋をしてしまったのだろう


青春のような風が吹きはじめた

青春のような風に巻き込まれる


恋すればするほどに

それは まるで 青春の幻影

その影を追いかけるぼくの人生は 

いつのまにか ぼくの生きる道 生きる証 





Love Story …


耳を澄ませば 聞くことができます

雪が水に変わる時の魔法の呪文

 
イルマさん  ♫  Sad Love Story  ♫ を聞きながら


「River Flows in You 」という曲が 似合うあなたへ贈ります


舞い落ちた冬の雪が

清らかな水に変化する


冷たい湧き水として 生まれ変わる

小さな川の源流となって

君の住む街へ 流れていくのだろう


山道を歩き 森の中に迷いこむ

誰も触れたことのない樹々

何も書かれていない一枚の葉に

あなたへの想いを書き綴る


想いが言葉に変わり 葉に貼り付けた

涙のような湧き水の上に 

音を立てず そっと置けば

それは 舟となり 揺れながら 流れる


流れの中で 揺られながらも

落ちてはならない

ぼくの言葉は 必死に しがみつく


会いたい…


会えない悲しみを乗せて

揺れながら 流れていく

君の住む街まで 流れていけ









プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたの幸せを 手を合わせて願います。そして、今日も一日 ありがとうです。このブログのジャンルは ロックンロール(笑)想いを千通の手紙に託して届けてきました。
心から感謝しています。そして 皆さまの幸せを心から願います。どうもありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR