2016年05月 案山子さんとお留守番

翼 …

ね 案山子さん おれさ 
鏡を見て思ったんだけど
ずいぶん白髪が増えたよなぁ(笑)

「… … …」

え~ そりゃないよ~(泣)


中村あゆみ さん   ♪  翼の折れたエンジェル  ♪ を聞きながら


60 になっても  忘れられるはずがない
恋文を書きたくなるはず
70 だからこそ もっと 抱きしめていたい 
もっと見つめていたいはず
80 になっても  だって 好きは 好きだ
離したくないに決まってる
90 になっても 100 になっても …


また 旅をしたくなったなんて

言えないよ 言えないんだ


君とこの街を抜け出したいなんて

言えない 何で言えないのだろう


君と出逢って ぼくは変わった

こんなに語る人間ではなかったのに

君といると もっと話をしたくなってしまう


君と いつか 旅をしたくなったなんて

言ってはいけないのかもしれないけど

年をとって ぼくらの翼は もう大丈夫




スポンサーサイト
2016-05-31(Tue)
 

JUMP … 


一人でいる時は 素敵な映画を見たいけど
案山子さんは 一人でいる時は何してるの?

「… … …」

えっ⁉ マジかよ! (*_*;


LINDBERG    ♫  JUMP  ♫ を聞きながら


誰も 見ていないから

思いっきり 泣けばいい

泣いたからって 負けたわけじゃない


誰も 聞いてないから

思いっきり 叫べばいい

叫んだからって 狂ったわけじゃない


今 この時間がつまらなかったら

今 この時間が苦しかったならば

助走つけて ジャンプすればいい

こんな時間は 飛び越しちゃえばいい


誰も 知らんぷりなんだから

どうせなら 自分らしく生きて

退屈な時間を 飛び越しちゃえばいい


助走つけて ジャンプしようよ

眠れない時間は 飛び越えればいい

どうせなら 楽しく笑って生きていたい

どうせなら 生きることに負けたくない







2016-05-30(Mon)
 

ゆめ いっぱい…


ねぇ  案山子さん
もうすぐ このへんも 田植えの時期なんだね
これから 忙しくなるね

「… … …」

今年は豊作になるといいね

「… … …」

うん。そうだね。そうに決まってるさ


ちびまる子ちゃんより  ♫  ゆめいっぱい ♫  を聞きながら


夢いっぱいの花の種を 空にむかって 全部まいてしまおう!


空に植えられた種に 毎日

願いを込めて 祈り続けよう


この世界が幸せになったなら

あざやかな色の花が咲いて

空から ふわふわと舞い落ちてくる


この世界に夢いっぱい

夢いっぱいの花があふれて


屋根の上 庭の上 頭の上にも

赤い花 白い花 色とりどりの花 

わくわく楽しくなって 窓を開ければ

あなたの部屋に お布団の上にも


いつの日か 夢いっぱいの花

空から舞い落ちて 

世界が 笑顔でいっぱいになる



空から降ってきた花で 花束をつくって 
君にプレゼントする計画なのさ(笑)




2016-05-29(Sun)
 

かがやき…

 
あなたが どう思っていようとも

あなたは ずっと ずっと 輝いています


S.E.N.S.  ♫  Brightness   ♫ を聞きながら.


あなたの輝きには 星たちでさへ みとれてしまいます


何度 つぶやいたことだろう

もう一度 ぼくたち歩けますか

歩いてきた道 覚えていますか


あなたの横顔 見つめていた

この一瞬の命 さだめを感じて


何度 つぶやいたことだろう

これからどこに行くのだろう

二人の行先 知っていますか 

 
あなたの横顔 瞳が輝いている

とても 綺麗で とても 眩しい


何度でも つぶやいていたい

二人の道 これからも ずっと

まっすぐ まっすぐ 続いていく 


さだめを感じた ひとときの祈り

せつない時でも さみしい時でも

あなただけには もっと 明かりを


あなたの輝きに 目を奪われてしまいます




2016-05-29(Sun)
 

平凡な純愛…


今日 知りあいの方が 自ら命をたったと報告を受けた

それでも いつものように 仕事に追われて忙しかった

忙しい合間に考えていた

死ぬってなに? 生きていられなかったって どういうこと?


浜田真理子 さん  ♫  純愛  ♫ を聞きながら


愛して 愛されていたい そんな願いを持って生きていたい


雨に濡れて帰ってきた君

ただいま うん おかえり

濡れた髪を 舐めてみた

味はないけど いい匂いがした


缶ビールを左手に持って

君は キッチンに立って 

ホットケーキを作ってくれた

二人で食べた すごく美味しかった


洗濯物たたみは 明日にして

夜空を見上げて 星を数えた

流れ星 一つも見えないねって

君は笑って でも 何かを願っていた


テレビもつけず 横になって

君を抱き寄せて 寄り添って

何も考えず 天井を見つめた

天井と布団に挟まれて 動けなかった


今日も なんとなく終わった

おやすみ うん また明日

ありふれた一日を過ごして

満たされて ずっと ここのままでいたい


こんな時間を君と過ごすことができたらいいのに…




2016-05-27(Fri)
 

時を越えた雲…


通勤時 「枕草子」を読んでいて 突然思いつきました!

清少納言さんは 晩年 何も書かないでいられただろうか
もしも 書いていたら(絶対に書いていたはず!)
どんな作品になっていたのだろう

そんなことを前提にした物語を どなたか書いてくださらないかなぁ

清少納言さんを この世界に もう一度!


久保田早紀さん  ♫  サウダーデ ♫ を聞きながら


懐かしいような 輝いている あなただけの物語を聞かせてくれませんか


遠い空 時をつなげる雲が 流れてくる

千年の時を旅した雲が 目の前に現れる


ぼくは 流れてくる雲を 見つめていた

君は 読みかけの本を閉じて 空を見た


この街の教会の鐘が鳴り  

同じ空の下 同じ屋根の下

ぼくらは 同じ願いを祈る

 
時間が違って 場所が違っても

悩み 苦しんで 笑って 泣いて

それでも 信じていたい

出逢うことだって きっとできる


自分の人生に 疑問を感じる時

あなたの物語を語ってほしくなる 


あなたが経験した出逢い そして 別れ

それは 遠い遠い国の話ではなくて

今感じることできる 真実の物語 


遠い昔から流れてきた雲の下で 

あなたの物語の影を見つめてしまう






2016-05-26(Thu)
 

風の中に…


もしも 今この瞬間に 世界のどこでもいいから
誰かが幸せを感じることができているのならば
その喜びを風にのせて みんなに届けてほしい


KANSAS   ♫  DUST IN THE WIND  ♫ を聞きながら.


星を並べ替えて 手作りの夜空を プレゼントしたい


手作りの優しさに包まれて

できたての喜びを 届けます

すべては 風の中に 託して

もしも 喜びが この世界を満たすなら

ぼくらの砂時計を 逆さまにして

時を動かして 新しい物語を作りはじめる


手作りの悲しみに包まれたなら

心を込めた言葉をお届けします

すべては 風の中に 託して

もしも 夢が 叶わなかったとしても

願いを ひたすら この星空に 描きます

星を並べ替えて 君の夢を 描きましょうか


秘密にしていたぼくらの想いを 風が運ぶ

風だけが二人の気持を知っている。 だから…







2016-05-25(Wed)
 

風のような幽霊…


帰り道の風 気持ちよかった

この風には 覚えがあります


Ben E. King さん  ♫  Stand  By  Me  ♫  を聞きながら


遠い昔 少年だった頃 家を飛び出したことがあります
一日も早く 大人になりたかった
どこにも行くあてもなく 金もなかったけれど
あの時は ただ 家にいたくなかった

闇の中 公園のベンチに 横になった
一人の浮浪者が ぼくに近寄ってきた
直接ぼくに言えない彼は 闇に話しかけた

 そこは だれの寝床だと思っている
 まだ若いくせに 何をやっているんだ
 早く帰れ ここは おまえがいる場所じゃない


その時 風が 吹いた。その時の風 ぼくは 今でも 覚えている


春の風が 樹々に 語りかける時

何を考えた? 

夜の風が 幽霊達に 語りかける時

思い出した?


昨日のことが 頭から離れず

未練が残る魂が 騒ぎ始めた


風が ぼくの身体をすり抜ける時

幽霊のような体になった

魂だけが 風に流されていく

この風には 君の記憶がある

まるで 君が そこにいるように


風が ぼくの身体をすり抜ける時

幽霊の気持ちがわかった

山の 海の 森の想いも 

この世の全ての気持ちも

だけど 君の心は 不思議だ


風が ぼくの身体をすり抜ける時

幽霊のように空気の中にいる

この風の中に 君を誘い込む

これが幻だとしても 夢であっても

ずっと 君のそばにいたい


この風が 好きだ

風のような幽霊になりたい







2016-05-24(Tue)
 

ひだまりの下…


今日は いいお天気でした
空は相変わらず きれいでした。
暑くて 汗を流している人もたくさんいました


Le Couple  ♪  ひだまりの詩  ♪ を聞きながら


傘の下にある ひだまりの中で 咲く花を知っていますか


ポカポカした陽気の中で

ひだまりが 屋根の上から

ぼくらが歩く道に落ちてきた 


そして それは 坂道を転がって

お日様のように まんまる になって


そんな ひだまり の上に 雨が ぽつり 


ひだまりが 溶け始める 

このままでは消えてしまう


慌てて 光をかき集めるけれど

ぼくには 止めることができない


大きな赤い傘を持った君  

ひだまりが 濡れないように

傘を広げて そっと置いた 


ぼくらが 一緒に振り返れば 

傘の下にある ひだまりの中 

ふたつの花が 咲きはじめた






2016-05-23(Mon)
 

The  River …


ただいま 21時00分

月を見る 月に見とれる


この月に 行きたい!

行って 思いっきり 抱きしめたい!

ブルースハープを 思いっきり吹きたい
この月に聞かせたい
この歌にあわせて 全てを絞りだしたい


ブルース・スプリングスティーンさん  ♫  The  River ♫ を聞きながら


この月を見て 何も考えず ただ浮かんだ言葉を いっきに書きます


両手が届きそうな月の下

手錠をかけられた少年

流れの速い河に飛び込む


川の流れに足をとられ 

それでも 流れに逆らい

前を睨み 歩こうとする


月が 少年に問いかける

君は 罪人なのか?


月の光が届かない森の中

目隠しされた少女

あてもなく さまよい歩く


森の影が 歩く邪魔をする

二匹の蛇が 足にからみつく

気付かないふりして 歩き続ける


梟が 少女に問いかける

君は 罪人なのか


泣きたくなって 笑いたくなって

この河の中に 飛び込んでみる

河の流れに身をまかせれば

月が 笑いだす


ただ ひたすら 前へ 前へ

息継ぎもせず 泳いでみる


河の流れは いつのまにか 穏やかになる

遠い記憶の少年も 少女も 大人になった今

月明かりの下で 裸になって 泳ぐしかない




2016-05-22(Sun)
 

ひなたぐち…


今日は 体がすごく疲れていて 病人のようにずっと寝てました

カメのようにひなたぼっこを少しだけして 録画したNHKの「LIFE!~人生に捧げるコント」を見て笑い転げただけで、あとは寝てました。(今回は 特に面白かったのだ)

いつもだったら もったいない と無理してでも出かけるのですが 今日はできなかったなぁ


LOVERSSOUL  ♫  永遠に咲く花  ♫  を聞きながら


有名ではないけれど こんなところで 応援している人もいます


清少納言さんが 言っていました(←まるで 直接聞いたような言い方です…笑)

人から褒められるのは 直接言われることもいいのですが

まわりまわって あの人が褒めていたよって言われるのは ありがたいものです


陽口(ひなたくち)を心掛けていきたいものです


そんな世の中になったらいいなぁ


また これから寝ちゃいます 
今日は ほぼ寝ぼけながら
書いたってかんじです(笑)




2016-05-21(Sat)
 

Sunny Day …


さっき見てた月 と 今 見える月はおんなじなの?

さっきは あんなに霞んでいたじゃん

ぼくの気持ちと おんなじだったのに

よし。 今日は このレコードに針を落としましょ


ブルース・スプリングスティーンさん と一緒に 歌ってくれますか

♫  Waitin' on a Sunny Day  ♫ 

I'm waitin', waitin' on a sunny day
Gonna chase the clouds away
Waitin' on a sunny day


おぼろ月夜って ピンポケの月ではないよね


晴れた日を 待ちわびてるのなら

彼女に 頼むといいさ

きっと ぼくらの心を救ってくれる

きっと ぼくらの世界に希望をくれる


自分のこと いやになって 落ち込んでた

そしたら ひとりぼっちになって 辛くなった


誰かと語りあいたくなった

君の声を 聞きたくなった

君しか 思い浮かばなかった


君の言葉に 救われて ほっとした
 

あれ⁉  ピンぼけのお月さん

今は はっきり見えるじゃないか

さっきまで あんなに霞んでたのに

…ってことは

お月さん 君も彼女の声を聞けたのかい


晴れた日を待ちわびてるのなら

彼女に 頼むといいさ

ぼくの心を覆いつくした影も

月を隠そうとした意地悪雲も

全部 吹き飛ばしてくれるんだ


きっと 彼女に 頼むといいさ…





2016-05-20(Fri)
 

二人乗りボート…


こんなこと 共感できるかな 

アーモンドチョコを(←ロッテ)食べていて、
もう食べ終わったのかなと思ったけれど
念のため 箱を斜めにして揺すってみたら 
なんと! 2個も転がってきた

こんなことが 嬉しかった

今日の中で 一番のニュースだ(笑)


ビリージョエルさん  ♫   The River Of Dreams  ♫ を聞きながら


舟の上で この歌を聞きながら 踊りだす


真夜中 流れの遅い川に出かける

二人乗りボートを 内緒で 浮かべてみた


満月になりきれないお月様

川面に顔をだす姿が 揺れている


二人乗りボートに乗って

君がいる向こう岸へ


いくら漕いでも 漕いでも

憎い風 押し戻してくれる


こんな風に負けてたまりますか


それでも ここが好きだから

この歌を聞きながら踊りだす


見て見ない振りをしてくれていたお月様に

二人乗りボートに立ち上がって 誘ってみる


誰もみていないから大丈夫だよ

乗ってみます? 乗ってきなよ

沈みやしないさ たぶんね(笑)





2016-05-19(Thu)
 

手あて…


あなたの おでこに 

あなたの 手のひら

強く強く あててみて

 
加藤登紀子さん  ♫   時には 昔の話を  ♫  を聞きながら


時には グラスで 乾杯しましょ そして 語りあいましょ


こんな夜には あなたの昔話 
語ってくれますか
忘れられないとか 未練とか 
もう そんなことではないから
それは あなたの大切な素敵な思い出
聞かせてくれますか


こんな夜に 君を一人にさせるわけがないでしょ  
一人で飲ませているわけには いかないでしょう


昔 夢みた話や 昔の恋の話 

聞きたいです 語ってくれますか


時を忘れて 語り続ける そんな君に

君の言葉に 君の唇に 君の瞳に

ぼくの心は 見とれてしまいます

ぼくが 君に恋していること

そんなことって 気づいていますか


あなたの不安 とりのぞいてあげたい

あなたのおでこに 手をあてていたい


あなたの おでこに 

あなたの 手のひら

強く強く あててみて

その温もりは 

ぼくの「手あて」です




2016-05-18(Wed)
 

眠れぬ夜に…


誰にだって 眠れない夜もあります

そんなとき あなたなら どうしますか


浜田真理子さん  ♫  街の灯り~Mr.Lonely  ♫ を聞きながら


目を閉じて この歌を 聞いてください


カーテンの向こう側から
そっと ささやくように
雨の音が聞こえる

こんな雨の詩が 聞こえます


ぼくは 灰色の雲の中
人も車も 小さく見える
今から 雨粒になるんだ
一人ぼっちの 雨粒さ

ぼくは どこに落ちるのだろう
数えきれない雨粒が 落ちていく

こっちの先輩は 花の上に落ちた
あっちの先輩は 車の上に落ちた

あっという間に 地面が目の前
気づけば あなたの傘の上に 落ちた


昨日のことも 今日のことも
今だけは 思いださなくていいから


カーテンの向こう側

街の灯りが消えていく

ひとつ また ひとつ

ゆっくりと消えていく


今は ただ ぼくの腕の中で

目を閉じて 聞いていてください


もしも 眠れない夜ならば 寄り添う雨の音のように 

二人の夢物語 語ります。  だから おやすみなさい




2016-05-17(Tue)
 

二人なら…


出逢いって不思議なものです

必要な人に 必要な時に 

出逢って そして 

心に残る時間を過ごして…


工藤 慎太郎さん  ♫  2つで1つ  ♫  を聞きながら


晴れの日も 雨の日も 今日は今日 明日は明日


おんぼろの荷車を引っ張って

登り坂も 下り坂もあったけど

やっと ここまで 歩いてきた


一人で 運んできたけれど

少し 休んでもいいよね


喜びも 悲しみも ひとつになって

いつのまにか 荷車にのっかてきた

だから こんなに 重たくなって…


舗装されていない道で

動かせなくなっちゃった


でも そしたら 君が そこにいた


ぼく一人では

動かせないから

君の手を借りたい


力を貸してくれますか


ぼくが 引っ張り 

君は 後ろから

二人の力が あれば 

どんな坂でも 登りきれる 


ぼくら二人なら きっと できる


下り坂になったら 乗っちゃおうか

きっと 風が気持ちいいはずだから



2016-05-16(Mon)
 

あなたへ …


今日は仕事でしたが せめて 今から日曜日の時間として のんびり過ごします


浜田真理子さん  ♫  あなたへ  ♫  を聞きながら


温かいココアを飲みながら ゆったりした時間の中にいます 


昨日から 微熱があって 

どこにも 行く気がせず

寝ているわけにもいかず

掃除機を抱えて

ぼんやりと 窓を見てる


そんな あなたが好きです


空っぽになったコップ

片づけるわけでもなく

何かを飲むわけでもなく

ただ 見つめているだけ
 

そんなあなたの隣にいたい


どんな明日がくるのだろう

明日のこと ちょっぴり不安で

だから 顔を曇らせてしまうけど

今日を大切にしたいと思っている


そんな あなたに憧れます


昨日のことが 忘れられず

憂鬱になる時があるけれど

正直に生きて 自分らしく

ありのままの自分を語る


そんな あなたに感謝です


このままでいいのかって

こんな自分でいいのかって

それでも ゆっくりと時が過ぎて

止まらない時の中で たちすくむ


そんなあなたを守っていたい


そんな あなたのこと 

ずっと ずっと 好きです





2016-05-15(Sun)
 

名人芸…

ALSと闘っている岡部さん 国会で意見を述べるはずだったのに「時間が かかるから」という理由で実現しませんでした。
なんという差別でしょう。
国民の一人として、議員全員の解雇を要求します。
ALSと闘う方々に ぼくはさまざまなことを教えていただきました。今 こうやって介護の仕事を続けていられるのも その方々の影響があります。


The Beatles ♫   Twist and Shout  ♫ を聞きながら


これぞ まさしく名人芸!

昨日 ネットで 柳家 小さん (5代目). 師匠の「ちりとてちん」を拝見しました。
笑い転げました。見事としか言いようがありません!

話かわりますが 大好きな絵があります。

絵のことは あまりよくわかりませんが セザンヌさんは大好きです

それとは まったくもって 異なる絵を描く方です。

仙厓義梵(せんがいぎぼん)さん  ご存じでしょうか
その中でも
「凧揚げ図」←これ すごすぎです。調べて 見てみてください(笑)

ちなみにですが
春叢紹珠(しゅんそうしょうじゅ)さんの「皿回し布袋図」 名作です(笑)





2016-05-15(Sun)
 

月の光 …


あなたらしい声が聞けて なによりも 嬉しい


GARNET CROW  ♫ 君の思い描いた夢 集メル HEAVEN ♫  を聞きながら


月は 嘘なんて ついていない


昨日 見た月の姿 
半分しか見せてくれなかったけれど
でも その光は とても綺麗でした。


月は どう思っていたのでしょう

「ほんとは まんまるなんだよ」
「今日は 顔を見せたくない日だから」
「こういう姿もきれいでしょ」

月が考えていることを想像していました(笑)


君が聞かせてくれる言葉

正直で 素直で 温かさがあって

ひとつ ひとつ かき集めれば

昨日 見た月のように 

光輝いていて とても 美しい


君が見ていた夢が

それが どんな夢であっても

ひとつ ひとつ 教えてほしい

今日 見せてくれる月のように 

眩しくて とても 綺麗だろうね


君が 置き忘れたものが

どんなに たくさんあったとしても

ひとつ ひとつ 拾ってみれば

あなたが望む 明日の月のように

きっと 今日を導く光が見えるはずです 






2016-05-14(Sat)
 

涙の効用…


大丈夫ですか?


X JAPAN   ♫   Tears   ♫  を聞きながら


君の涙 それは 悲しみの涙ではありません


あなたのそばにいたい
ただ それだけを思うだけなのに 
どうしてだろう 
涙が落ちてきます
そして だからこそ 気付きます


あなたの心の深い深い奥底に

澄んだ涙がたまっていることに

気づいていますか?


でも 大丈夫  安心して

それは 

悲しみの涙ではありません


傷ついて 苦しんだ あなたの心を

きっと 救ってくれる涙


それは あなたが 長い間

長く 長く 苦しんで作り上げた

あなただけの あなたを救う涙


あなたは もう すでに 

そこから 抜け出しています



 
2016-05-13(Fri)
 

白い雲 …


昨日 ルドヴィコ・エイナウディさん(←名前調べました。舌を噛みそうなお名前でした)の曲を聞いて 浮かんだ言葉を書くと言いました
家に帰って ゆっくり聞いていましたら、そのまま心地よくなって 寝てしまいました(笑) 恥ずかしい限りです(。-_-。)

今日はお休みです。
本来ならば 朝 いつものように掃除片づけをしないといけないのですが。
起きて部屋を見て、あまりにも散らかり放題の状態だったので、「今日は無理!」と結論をだし ちょっと出かけてきました。

所沢にある柳瀬荘です。ここは よく行くところのひとつです。

といっても、条件がそろわなくてはいけません。

木曜日しか開館していないので、木曜日がお休みで お天気が良いことが 条件です。

この場所は非常にわかりづらいところで、なおかつ ちょっと薄気味悪い場所です。

ここに着いたら まず九木庵(きゅうぼくあん)という茶室をみます。
中に入れないのは残念ですが、中を覗くことは可能です。
お茶に興味のあるぼくにとって、近くで茶室が見れることも好きな理由です。

しっかりと目に焼き付けてから
森の中にある黄林閣の縁側に座り 本を読むのが大好きな時間です。ここに座ると空も見えます。

まるで この空間そのものが茶室のような感じになります。

しばらくいると ここは別空間で この場所から 外へ出られなくなったりして… いつも思います。


ルドヴィコ・エイナウディさん  ♫  Nuvole Bianche(白い雲)  ♫  聞きながら


ひっそりと森の中に佇む古い民家の縁側に座れば そににある世界が一つになる


灰色の雲の向こう側に

閉じ込めらていた記憶

やがて 雲は ちぎれはじめ 

いつのまにか 青空がのぞく


白い雲が 生まれた空に

抱えた感情が 吸い込まれる

やがて 流れ去る雲

ずっと 目で追い続ける 


白い雲とともに 

ぼくの時間が流れる

いつから ここで 

空を見続けていたのだろう


子供なのか 大人なのか 

それすらも わからなくなって


いくつかの白い雲 見つめる時

あなたの面影が 空に浮かぶ

やがて 流れ去る雲

ずっと 目で追い続ける 


白い雲は 白いままで 流れていく



2016-05-12(Thu)
 

序章 …

今朝は ここに書きこむ予定はなかったのですが

洗濯など家事をやりながらバタバタとしているなか

イルマさんの作品をネットで聞いていたら しばらくして この曲が流れてきました

知らない方なのですが とても 気にいりました

時間がないので、調べることもできないので残念です

名前も 曲名も なんて読むのかな(笑) 


Ludovico Einaudiさん   ♫    Nuvole Bianche    ♫ を聞きながら


仕事から帰ってきたら ゆっくり聞いて 浮かぶ言葉を書きますが とりあえず…


雨降る日に 空を見上げ 

目を閉じて 目を凝らして見てごらん

雲のかすかな泣き声が聞こえませんか


晴れた日に 空を見上げ

目を閉じて 耳を澄ませてごらん

雲が流れていく音が聞こえませんか


2016-05-11(Wed)
 

パナマ文書って…


パナマ文書 上等!

ザ チャンプス  ♫  テキーラ  ♫ を聞きながら

これでもかって感じの話ですけど…

これでも 声をあげなかったら 日本人おかしすぎ でしょ

政治家さんやマスコミさんは どうするのでしょ

税金 もっと必要だから 

もっと払えって真顔で言われてもね 

えらい人の言うことは 難しい

っていうか ほんとに えらいの?

なら 不良国民に なっちゃおうか(笑)



2016-05-10(Tue)
 

ひととき …


時は止まらないものだって

ちゃんと わかっています


でも つかまえて離したくない 

そんな 瞬間だって あります


イルマさんの ♫  The Moment   ♫ を聞きながら


短い人生だから ほんの一瞬でいいから 時が止まってほしい時があります


出逢って 寄り添うことができて 

この手を離したくない

そんな ひとときが あったなら


雨が降って ひとつの傘に寄り添って

語りあい 肩に手をまわす 

そんな ひとときが あったなら


時よ 止まって欲しい


ずっと そばにいることができたなら

時が動かないように 抱きしめたい


二人の時を守るために 


この瞬間が去っていかないように

この時間を 抱きしめて 離さない 







2016-05-09(Mon)
 

さくら …


おーい みんなもうすぐお客さんがくるよ
ちょっと 部屋の片づけしてよ

こら、くりちゃん!そこにいたらだめだよ。お客さんの座布団でしょ

こら、案山子さん!自分で珈琲飲んでたら だめじゃん

もう来る時間かなって…古時計さん 止まってるじゃん


あっ いらっしゃい


ケツメイシ  ♫  さくら  ♫  を聞きながら


もう 桜は散ってしまったはずなのに


桜咲く季節が終わって

夏が来て 秋が来て 冬が来ても

穏やかな 風が吹き抜けるならば

小さな心の中に 桜は 咲き始める


桜咲く季節が 終わったはずなのに

ひとひらの 花びらが 舞い落ちてきた



2016-05-09(Mon)
 

Imagine …


世界は いまだに 争いが絶えません
領土が どうのこうのと言い争って…


ぼくの持ち分の土地(目に見えないくらいのものですが)(。-_-。) 
この青い星に お返します

そのかわり この星で生きるに値する 知恵と勇気をいただきます


クレヨン社   ♫  地球のうた ♫  を聞きながら


時々 空想しちゃいます


すべての生き物は この星の分身です。この星も生き物です。この星が人類に期待しているのは タンポポのように 宇宙にこの星の種を飛ばして欲しいなんて考えていないかなぁって考えたりします。争っている暇はありません(笑)


この星で生まれ 

この星のルールに従う


時に この星の物語は 

喜びも 悲しみも与える


生きている人 全ての知恵を 

出しあい 協力しあい 助け合い

この星から 命を守りたい


そんな世界を 空想してしまいます






2016-05-09(Mon)
 

贈る言葉 …


伝える言葉を かっこよくしようと

辞書を片手に 手紙を書こうとしても

なかなか 良い言葉なんて 浮かばないものです


GReeeeN   ♫   愛唄  ♫  を聞きながら


まったく どんなに言葉を ひねくり回しても 結局のところ… 


伝える言葉

探しているうちに 

時間が無駄になるなら

笑われたっていいから 

思いつく言葉

どんどん 届けちゃえ(笑)




2016-05-09(Mon)
 

ALIVE…


眠れるわけないでしょ


雷鼓  ♫  ALIVE  ♫ を聞きながら


誰だって 何度も何度も 失敗してしまうけれど


ひとりぼっちになるのが こわくて

何も 話すことが できなくなって

気付かないふりしたほうが 楽でしょ


だけど ごまかせるわけはないよね


何度も 失敗して 立ち上がって

戸惑い 迷って 悲しんで 苦しんだけど

生きることに こだわってみた 


笑って 前を向いて 空の下で

自分らしく 自分のままでいるしかなくて

ただ 自分が生きることに こだわっていた



2016-05-09(Mon)
 

君がいてくれた…


出会いって不思議です。

たくさんの人に会うのに 

どうして 一人だけのことが気になってしまうのでしょう


マスミサイル ♫  君がいてくれてよかった  ♫ を聞きながら


心の中で ずっと 話しかけていた言葉です


君がいてくれて 

君と会えて 嬉しかった


君に気づいて

君と会えて 好きになった 


好きになったのが 君で よかった


2016-05-08(Sun)
 

おとぼけくん…


「おとぼけ」という言葉があります

意味を調べると 「わざと知らないふりをすること。」


エンヤさん  ♫   a day without rain  ♫ を聞きながら


昨日、今日も 雪が降らない一日のはずなのに


雪が降ってほしいという意味ではなくて
ただ 雪のことを考えない季節のはずなのに
雪が舞う世界の中に迷いこんでしまう時があります


風が吹き 両手を広げ

陽の光を浴びる時

その光の中で 君が 

微笑んでいるような気がします


ふと 夜空を見上げ 

月が そこにある時

君と語りあった ひとときが 

昨日のことのように 思い浮かびます


歩く道端に咲く花に

気づき 立ち止まる時

君のことを忘れられない

自分がいることに 気がつきます




2016-05-08(Sun)
 

時の鐘の下…


今日は 帰りが遅くなってしまいました

もう こんな時間だね

いつのまにか 明日が今日になって

でも 変わらないものは ここに残ります


イ・ムンセ さん  ♫  愛はいつも逃げていく  ♫  を聞きながら


鐘撞堂(かねつきどう)で待ち合わせするのは どうでしょう


蔵造りの街並みに 足を止めて

夕焼けを知らせる 時の鐘を打つ


ここには ぼく一人しか いないのに

ひだまりの中で 二人の影が 遊ぶ

振り返れば 二人分の足跡が 残る


歩き疲れた この古い街並みで

いるはずもない 君を探していた


ここで 君の影に ぼくは もたれる

ひだまりの中で 君の影が 揺れる

振り返れば 二人の足跡が 消える


この先を歩く 見えない影

追いかけて 追いかけて

追いつくことが できない


君だって 本当はここにいたいのでしょ


ひだまりの中で 二人の影が 寄り添う

振り返れば 二人分の足跡が ひとつに

それは 疲れた君を おんぶしていたから






2016-05-07(Sat)
 

子供の日…


今日は 5月5日 子供の日

子供達は 今に 満足しているのでしょうか 

将来の夢とか希望を持っているのでしょうか

貧困 格差 虐待 さまざまなことが報道されています

子供達の未来には どんな世界が待っているのでしょう


スザンヌ ヴェガさん  ♫  Luka  ♫ を聞きながら


子供達の明日は 大人達が今日をどう生きているのかで 変わります


君は 絶対に 悪い子ではない

だから クリスマスも お誕生日も ちゃんとあります


君には 君だけの名前があります

だから 君の教科書も イスも机も ちゃんとあります


子供たちが幸せになるために

今日という一日に

ぼくらは 逃げたりせず

負けるわけにはいかないのです




2016-05-05(Thu)
 

ラブ ストーリー …

目が覚めた時は 雨が降っていました

しばらくすると たくさんあった雲は まるで

急いで引っ越しするかのように 流れていき

とてつもなく 美しい空を見せてくれました


ハン・ソンミンさん  ♫  愛すれば 愛するほど  ♫  を聞きながら


時間がたって 雲は大きくなったけど 想いも大きくなっていました


青く澄み渡るこの空の下

全ての生き物が 喜びの詩を歌う

それなのに どうしてだろう

ぼくの心は 締め付けられてしまう


君は この空を 見ていますか?

なんとなく ぼくには わかります


この大きな 大きな 空の中に 

君が いること いてくれること

気づいています 感じています


ぼくらが 今この瞬間

同じ空を見ているって

ぼくには わかります 

君も 感じているのでしょう?


この空を 見れば 見るほどに

君への想い 浮かんだ言葉を

この空に いっぱい書きこみたい


この空を 見れば 見るほどに

君への想いを 書きこめるように

ひとつ ひとつ 雲を浮かべていく


君のこと 想えば 想うほどに

新しい雲が またひとつ 浮かびあがる


この空では 小さすぎるくらいです


あなたは 今 この空を見ているのでしょう


ぼくらは 遠く離れているけれど

ぼくの真上にある雲は

君のところに 流れていきます


この手紙 この雲の上に

ここに 置いておきます…




2016-05-04(Wed)
 

In the morning  …


今日の天気はどうかな と窓を開けてみたら

あいにくの雨で 風が強く 雨が吹きかけてきました

その時 浮かんだ言葉を そのまま 書いてみます


ビージーズ  ♫  イン・ザ・モーニング  ♫  を聞きながら


まだ あなたが眠りの中で 夢を見ている時に


雨が舞う 風の音に 目が覚める 

朝が近づいていることを 知らされる 


傘を持たず 扉を開ける 

片目を開けた 眠たそうな樹々

あくびをしながら  おはよう


昨日の闇が 消えている

今日のかすかな光を頼りに

手紙の続きを 書き始める


この手紙を あなたに 届けたい


受け取るあなたの手を 想い浮かべる


あなたの手を見ていたい

あなたが歩んだ道

あなたの手が 語ってくれる


あなたの手に触れていたい

あなたを慕う想いが

あなたの手に届きますように 


あなたが まだ眠りの中にいる朝に

今日届ける手紙を書き終えて ペンを置く


両目を開けた 眠たそうな樹々に

あくびをしながら  行ってきます 







2016-05-04(Wed)
 

春の声…


朝 目覚めると 浮かんできた言葉 そのまま書きます


エンヤさん  ♫  Flora's secret   ♫ を聞きながら


眠りの中 春の声を聞きながら 夢を見ていたのかもしれません


いつもと変わらぬ道

名前の知らない花

目も触れず 通りすぎる


呼び止められた?

…ような気がして

振り返ると

手招きされていた


春の秘密を教えてあげるから


耳を傾けると

ささやくように 花が歌う


風が舞い 葉が踊る

葉の上に書かれた楽譜

読み解きながら 

花の歌に合わせて

ドキドキして 口笛を吹く


いつのまにか 夢をみていたのかな


もしかして 起こされた?

声が聞こえたような気が…


窓を開ければ

春の風に肩を叩かれる


春の秘密を聞きたくない?








2016-05-03(Tue)
 

YOU …


まったくもって 元気がでません。 

どうしたのかなぁ

なんだか いまひとつ 人生つまらなく感じて…


案山子さん なんか 面白いことやらない?
誰もやってないことやってみたいなぁ
ここに 喫茶店作らない?
カフェテラス 案山子 なんてどうかな(笑)

「… … …」

お客さんなんて来るわけないって?
それじゃ ブログで知り合った方を招待してみるとか(笑)

「… … …」

いや 最近 愛がないから むなしいんだ!(笑)

ならば これだ!


The Blues Brothers  ♫  Everybody Needs Somebody To Love   ♫  


はちゃめちゃな言葉が浮かんで… そのまま書いちゃいます


こんな世界だけど

こんな時代だけど

こんなに ちっぽけな ぼくだけど

なにか やれることだってあるような


いつのまにか この世界には

ぼく一人だけだった

人類は 滅亡しちゃったのかな

人だと思って 話しかけたら

ぜんぶ のっぺらぼうの人形だった

だけど

そんな世界で 君を見つけた

マネキンだらけの世界で

君に気付いた 君を見つけた 

マネキンだらけの世界で

なんでも話ができるのは 君だけ



2016-05-02(Mon)
 

希望を …


朝に書いた自分の言葉

もう一度 読み返しています
 

春らしい陽ざしを浴びて

一日 ぼんやり過ごして 

もう一度 この歌を聞く


本田美奈子さん  ♫  アメイジング・グレイス ♫  を聞きながら


新しい幸せを

今から その右手に

新しい願いを

今から その左手に


春の光を浴びて

世界が喜ぶように

春の風を受けて

世界が踊るように


今までの感謝の気持ちを

心を込めて その胸に 届けたい


きっと まだ 間にあうはずだから


新しい幸せを

あなたの心に

新しい喜びを

あなたの時間に


まだ ぼくらには ここに

きっとあるはずの希望

迷わず その両手に届けよう



2016-05-01(Sun)
 

取説のある家で…

昨日の疲労のため おもいっきり寝坊してしまいました。
今日は 仕事がお休みでよかったです(笑)

昨日 ライブに行く前に実家に寄りました。
父も 母も 頑張っていました。

父は ちゃんと会話はできます。なんとか歩くこともできます。俳句も作れちゃいます。
すごいです。
でも ラジオのスイッチはわかりません。。
「スイッチをつける時は このボタンを押す」と書かれた紙が貼ってあります
でも 難しいようです

家のあちこちに「取り扱い説明書」のような紙が貼ってあります。

頑張っています。 

だけど…

介護をしていて いつも思うことがあります

なんだよ これ 
神様 これはないでしょ って
最後の最後でどうしてこんなに辛い思いをしてしまうのでしょうか

先日 あるご家族が こんなことを言っていました
「父は 認知症で変わってしまった。
それまでは 穏やかで優しかったのに。
今は 私の知っている父ではない
今は 正直一緒にいたくなし、このままだと憎んでしまう」


久米小百合(久保田早紀)さん ♫ アメージンググレース ♫ を聞きながら


あちこちに取説が貼られた家の中で


死ねないから 生きているだけ

そんな言葉をつぶやく父の背中に

やるせなさから かける言葉を失う


もっと長く生きていて欲しいと思うけれど

考えれば考えるほどに よくわからなくなる


父は 罪を犯しましたか

父は いったいなぜ罰を受けているのですか



2016-05-01(Sun)
 
プロフィール

クリボー

Author:クリボー
ぼくはここにいて、あなたを応援し続けます…
これは自分の足跡を残すためのものではなく あなたと共に生きるためのもの。
あなたとは あなたのこと。  あなたが好きな曲を聞きながら読んでください。
そして このブログのジャンルは ロックンロール(笑)ありったけの心の奥底にあるものを千通の手紙に託して そして 届けます。書かない日があったり まとめて書いたり 自由気ままに書いています  残り560通

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR