カントリーロード…

オリビアさんのカントリーロードを久しぶりに聞きました(いいですね~)
カントリーロードといえばジョンデンバーさん(古い!)
でも今はジブリの「耳をすませば」のカントリーロードが有名ですね
いい曲はいつまでも歌い手さんが変わっても残っていくものです

そんな曲を聴きながら浮かんだ言葉を書きました


カントリーロードを歩けば

夕焼け空の下 カントリーロードを歩こう

田んぼのカエルとにらめっこ

案山子たちがぼくらを見守って

案山子たちが物語を語ってくれる

カントリーロードにジブリはいらない

藁ぶき屋根のおうちの縁側で足をブラブラ

いつ時間がずれていったのだろう

いつ違う時間の世界に行ってしまったのだろう

君がこの場所に来てくれてもぼくには見えない


天の川の下 カントリーロードを歩こう

田んぼのトンボと社交ダンス

案山子たちがぼくらを見守って

案山子たちが歌ってくれる

カントリーロードにビートルズはいらない

藁ぶき屋根のおうちの畳にごろり

君は、ぼくの未来に住んでいるのだろうか

君は、ぼくの過去に住んでいるのだろうか

ぼくがここにいることに君は気付かない


囲炉裏の煙が僕たちの心を浄化してくれる

煙になった悲しみが空に舞い上がりやがて雲になる


陽だまりの中 カントリーロードを歩こう

今 僕が持っている時計は手動式

だから、君を想えば針が止まることはない

君の時間に合わせながら、もう一度 カントリーロードを歩こう

カントリーロードを歩けば…

きっとそこで…





スポンサーサイト

ラストがつく映画…

昨日も仕事が遅くなってしまったので疲れを癒すために音楽を聞いて寝ようと思いました。

懐かしい映画音楽でも聴こうかなと思ってユウチュウブで探していました。

皆さんには音楽だけで泣ける映画音楽ってありますか

これあったら泣けるだろうなと思って探していたら、ありました

(ちょっとビックリしたクリボー)え~、これアップされているんだぁ…

(ちょっと得意げなクリボー)皆さんは知らないと思うよ…

(ちょっとムッとしたあなた)知らない映画のこと言うなら、さよなら…

(ちょっとあせるクリボー)いやいや、そう言わずに聞いてください。話したいのです…


ラストがつく映画は泣ける…

ラストコンサートって知っていますか

かなり古い映画ですが、オープニングの音楽を聞くだけで泣けてしまいました

とても悲しいラストの映画なのですが、音楽と映像がきれいで…記憶に残った映画です。

明るい主人公とオープニングの音楽がピッタリあっていて…

その分ラストが切なくなる映画でした…

終わり方が似ている韓国映画…イ・ヨンエさんがでている「ラストプレゼント」も泣けました

何回もビデオを借りて泣いていたものです。

昨日、ユウチュウブでその音楽を聞いただけで、ボロボロ泣けてきました

この映画は ちょっとずるいよ って思うくらいに泣かせます

たった今も音楽を聞いてしまったら、やっぱり泣けました

朝から泣いていたら仕事どころではないな…さぼろ…なんてね

(ちょっとぼやくクリボー)さぼるっていうかホントは休みなのに行くしかないからなぁ……



Stand By Me…

雨が降ってきましたね

そこにいたら濡れてしまいますよ

霧雨が風に流され落ちてくる

木の葉たちは濡れていることに気付かないフリをしている

少年の頃、誰とも話が合わないフリをしていたから

ひとりぼっちを望んでいたけれど

今は君の支えになりたい

だからそばにいたい

雨が少し強くなってきましたね

こっちに来て雨宿りしませんか

雨は力強く地面に落ちて水たまりを作る

木の葉たちは、楽しそうに音を奏で始めています

もう行かないと間に合いませんか

それならばこの傘を持っていきなよ

少年の頃、ぼくは変り者だ言われていたから

ひとりぼっちだとおもっていたけれど

今は君の支えが欲しい

だから、そばにいてほしい

雨、ようやく止みましたね

ぼつぼつ行きましょうか

木の葉に乗っていた一粒の雫

僕たちの手のひらに落ちてきた

少年の頃、大人に反発していたから

ひとりぼっちの世界に行きたかったけれど

今は共に支えあいたい

だから、一緒に年を重ねたい


絵本「ヤンときいろいブルンル」を読んで

子供が小さい時に読んであげていた絵本の中で
ぼくが印象に残ってしまった絵本です。とてもきれいな絵です
ぽんこつの車と一匹の猫との心の絆を描いています
ちょっとせつない話だけれど感動します

久しぶりにこの絵本を読んでいたら、なんとなく「スタンドバイミー」の歌を思い出しました
スタンドバイミーを聴きながら浮かんできたものをそのまま書いたのが上にある詩です…

もっと語りたい…

昨日はお休みでしたが睡眠不足でフラフラしていたのでずっと家にいました。
息子のマンガを読んで過ごしていました。
ちなみに、週刊ジャンプは昔はぼくが買ってきてあげていたのですが、息子は働きはじめるようになってから、ずっと買ってきてくれるようになっています。息子にマンガをかってきてもらう親ってどうよ

久しぶりに「ナルト」を読みましたが、やはり面白かったです。
いろいろなことを考えさせてくれるマンガです。
見事な全体構成力であり、ドキドキワクワクするようなスピード感があります
出し惜しみせず、ストーリーの展開がガンガンきます。

昔の「巨人の星」というマンガはたった一球なげるのにどれだけ時間をかけるんだっていう感じでしたよね。
今から考えるとある意味すごいです

息子はナルト、遊戯王、ヒカルの碁…で育ったかんじですかね~。全てぼくも一緒に読んでいます

ぼくの時代はというと
男一匹ガキ大将、あしたのジョー、デビルマン、ガキデカ、ドクタースランプとかかなぁ。古すぎて知らないかな
ひとつひとつくわしく語りたいですが…

ガキデカなんて知らないですよね
こまわりくんの「死刑!」って決めポーズはとても流行っていました
当時は革命的なギャグマンガでした。なんだかまた読んでみたくなりました。今読んだらどう思うかな。

ちなみに、大好きな銀河鉄道999やキャプテンハーロックはアニメのイメージが強いので別枠にしました

ハーロックは最高にカッコイイので、またチャンスがあったら語ります

マンガの話だと時間が足りないですね~

ここからが本題になるはずですが…もう時間が来てしまいした。それではまた…

それにしても
今日は洗濯物が多いよ~! やりたくないって思ってしまいます…

やらなくていいよ、時間がないからって理由でやめとけ、やめとけ(デビルクリボー)
だめだめ、ちゃんとやらないと(エンジェルクリボー)

あ~どうする。まっ、やりますか。やりましょ

戦争と政治家…

絵本「とうろうながし」を読みました

これは埼玉県東松山市にある丸木美術館の丸木先生が絵を書き、文は松谷先生が書かれています。
戦争、原爆の悲惨さが伝わる絵本です。
真っ向から戦争と向き合う絵本って、意外にとても多いです。
テレビや映画では美化しているものもありますが、絵本のほうでは常に批判的です…

ぼくが大好きなロックバンド、50回転ズの歌をひとつ紹介しましょう(ギターが泣いているように感じる曲です)

戦争と政治家 作詞作曲 ダニー

戦争が始まる
一言で始まる
覚えとけよ政治家よ
お前らの一言で

戦争じゃ人が死ぬ
一日中人が死ぬ
覚えとけよ政治家よ
お前らが殺すのだ

戦争は金を産む
血を売って金を産む
良かったな政治家よ
お前らのもうけだ

戦争が止まるとき
英雄が生まれる
おめでとう政治家よ
おまえらが英雄だ

忘れるな広島を
忘れるな長崎を
日に焼けた夏と
火に焼けたあの町を

忘れるな政治家よ
戦争は終わらない
黒い雨が火を消しても ♪

50回転ズ、優しさが溢れていますよね。
ちなみに、このような政治色の強い曲はこの歌だけですので勘違いなさらずにお願いします。

「敵が攻めてきても抵抗できずに全滅してもいいの?おめでたいね」という意見の方がいるけれど、ビックリするかもしれないけれど、そうなんでしょ。
馬鹿だと言われるような覚悟を持たせるほどに広島、長崎、沖縄の痛みはすごいものだったってことですよね。
そんな痛みを子供達には与えたくない覚悟があって、日本は戦争はしないと宣言したんですよね。

人の記憶は薄れていくものです。
でも日本中にある樹木は戦争で流れた血を吸い取って育っています。
樹木に触れれば痛みが伝わるはずです。

日本、中国、北朝鮮、ロシア、中東の国々…一般の人が、人を殺めたいなんて誰も思っていません。
だってみんな日々の暮らしに一生懸命に生きているだけなんです。
人と出逢って喜んで、時には辛いこともあるけれどみんな一生懸命に今を生きています。

そんな我々に、国のためにと 銃を持たせるのですか…

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR